2020年7月 9日 (木)

小野照崎神社の「お山開き」

P70123311

先週の7月1日、台東区下谷の小野照崎神社を訪れました。

P70123531

祭神は百人一首の歌人で漢学者の小野篁。前日の6月30日は「夏越しの大祓」で、境内には茅の輪が設置されていました。

P70123331

そして、「お山開き」です。毎年6月30日と7月1日に斎行され、開山式として御仮屋で神事が行われます。

P70123451

江戸時代1782年に築山された富士塚「下谷坂本富士」はこの二日間だけ登攀が許されています。

P70123441

140㎞離れた富士山から大八車や船を使って隅田川まで運ばれ、さらに大八車で入谷に着いた溶岩石。

P70123381

がっしり組まれた石組みに蔦や草の根が張り巡らされた霊峰は、思っていたより急峻でした。(Shio)

参考資料:パンフレット「夏越の大祓」「下谷坂本お山開き」

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

久しぶりの馬たち

移動自粛が続いたため、しばらく出かけられませんでしたが、先週末久しぶりに長野県佐久平の牧場へ、馬たちに会いに行って来ました。

Photo_20200630181304
前回2月に行った時とは一変して、青々とした草が一杯の放牧地です。幸せそうに草を食べる馬たち。

Photo_20200630181303
今回は「馬の理学療法士」の先生が一緒で、馬たちにレーザー治療をしてもらいました。ご飯を食べながら治療してもらっているのは高齢の道産子「マル」です。私もついでに、肘にレーザーを当ててもらいましたが、効きそうです。

Photo_20200630181302
梅雨の晴れ間で日も照っていたので、久しぶりに馬の丸洗い。馬用シャンプーできれいに洗います。

Photo_20200630181301
こちらもきれいにシャンプー。冬の間は風邪を引いたりするので洗えず、こびりついた汚れをとるのも結構大変ですが、馬たちは気持ち良いのか、大人しく洗われています。お湯のシャワーで流して、丁寧にタオルドライします。

2_20200630181301
洗いたてで、ピカピカの白馬になって元気に走り回るフィッツ君。しかしこの後すぐ、土の上でごろごろ転がって、半身茶色になってしまいました!やめて頂きたい・・・。(Nak)

 

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

梅雨の晴れ間の小石川後楽園

梅雨の晴れ間の日曜日、今年も小石川後楽園に足を向けました。

P6212385

花菖蒲は既に盛りを過ぎていましたが、お目当てのヤマアジサイはまだ、山(?)の散策路に姿を見せています。

P6212394

八つ橋の向こうを鴨が通り過ぎました。その後、行く先々で見かけましたが、常に三羽一緒でした。

P6212399

見かけたと言えば、笹林の中に、久しぶりにトカゲを見ました。子供の頃は嫌というほどチョロチョロしていたものですが・・・。

P6212446

 お昼は定番の涵徳亭(かんとくてい)で、天ぷらそばを食しましたが、窓の向こうでは、結婚記念の写真撮影をしていました。このコロナ禍で、フォトウェディングも多くなりそうですね。(Shio)

 

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

緑のカーテン2020スタート

2011年に始めた「緑のカーテン」作りは、もう9年目になります。今年もゴーヤの苗を植え付けてスタートしました。

05281
5月末、二つのプランターにゴーヤの苗3本と西洋アサガオの苗1本を植えました。庭は花の季節が終わって、雑草も含めた緑の季節。プランターの向こうは雑草ではなく「ホトトギス」です。蘭のような小さな花が咲きますが、少々蔓延り過ぎです。

05282
おとなしく?植え付けられたばかりのゴーヤの苗です。

06162
約2週間で、ここまで伸びました。左の2本が、上の写真の苗です。右のプランター3本目の種類が違うゴーヤは、倍近くの背丈に。その右のアサガオはもう2m位の高さで、つぼみも付いています。勢いが良すぎる。

06112
らせん状のスプリングのような蔓で、ネットに絡みつくゴーヤ。少々風が吹いても大丈夫です。あと一月程で「緑のカーテン」になる予定です。

061612
隣では「ナス」も成長中です。紫の花も咲きました。野菜の花は形も色もきれいなものが多く、食べるだけではない楽しみがあります。(Nak)

 



 

 

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

成城散歩-新しい鑑賞様式

 P50817742

新型コロナウイルスの影響で、世田谷美術館分館・清川泰次ギャラリーは臨時休館が続いていました。

P6062327

先週の6月1日にようやく再開され、2020年度第一期収蔵品展「清川泰次 絵と言葉」を観ることが出来ました。

P6062340_20200610160401

入り口のポーチで手を消毒し、受付で検温してもらって、連絡先を記入します。

P6062337

吹抜けた展示室の傍らに、庭に面して落ち着いた休憩室がありますが、ここでいくつか「新しい」ことがありました。

・棚に飾ってあった画集が無くなり、閲覧は受付に申し出ることになりました。

・自由に飲むことが出来たお茶が無くなりました。

・二人掛けのソファーは一人で利用することに。

・そしてこの部屋の利用は一度に2名までに限定されています。

P6062334_20200610163101

入り口に戻って考えました。現在のところ、このウイルスが消えてなくなる気配は全くありません。であるならば、生活の様々な場所で「新しい様式」を試行錯誤することになるのだろうなと。(Shio)

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

成城の家・施主と打合せ

6月に入り、「成城の家」の現場も順調に工事が進んでいます。

22_20200603183302
現場への道は、街路樹や住宅の緑が色濃くなり、季節が初夏に向かっていることを感じます。

12_20200603183301
現場は壁や天井の下地が出来上がり、これから仕上げに向かうところです。この日は、施主ご夫妻が現場にいらして、空間の大きさなどを確認しながら、色々と打合せを行いました。

22_20200603183501

メインは、照明やスイッチ、コンセント、リモコン操作盤等の位置を、壁・天井の仕上げ前のこの段階で決める打合せです。具体的な生活をイメージしながら意見交換をして決めていきました。

32
家の配置も見えてきたので、外構計画についても打合せをしました。この地区は緑化面積についても基準の数値があるので、工夫が必要です。

22_20200603183301
居間と一体になった階段・・の骨組み。今回は鉄骨造のささら桁にタモ集成材の段板を乗せます。

12
ちょっと不思議な形のささら桁ですが、施主のご希望で「白」に塗装されることになりました。軽快なイメージの階段になるのでは、と楽しみです。(Nak)

 

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

成城散歩-老木と桜若葉

191209-pc090767

成城の家の現場への道には桜並木があります。昨年12月9日の写真です。以下は右側のサクラについて書いています。

200110-p1101171

年が明けて、1月10日に撮影。樹木医が診断したらしきテープの脇に植え替えの「お知らせ」がありました。

200110-p1101173

成城のまちが誕生した昭和初期に植えられたものだとすれば、樹齢100年前後の老木です。

P3061477

そして3月6日の成城の家の地鎮祭の当日、まさしく伐採工事が行われていました。

P3241628

桜並木が満開の3月24日にはまだ姿を現してはいませんでしたが、

200331-p3311573

翌週の31日には、枝の先に花を付けた染井吉野を見ることが出来ました。

200522-p5221976

200522-p5221977

200522-p5221978

そして、先週の5月22日に桜若葉を発見。次の世代のスタートに立ち合えたようでちょっといい気分。(Shio)

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

山の恵み 到着

越後湯沢(新潟県)から嬉しい宅急便が届きました。スキーに行って泊まる旅館にお勤めの方から、我が家の山菜好きを知っての贈り物です。

Photo_20200520191001
段ボールに「コシアブラ」(左)と「わらび」(右)が一杯詰まっていました。感激! この時期ならではの「山の恵み」です。

Photo_20200520190803
まずは「コシアブラ」を水につけて元気にしました。茹でても、てんぷらにしても、良い香りが楽しめます。

Photo_20200520191003
「わらび」は、茹でるのではなく、重曹と熱湯をかけて、一晩放置。歯触りと色が良くなります。

Photo_20200520190801
保存用には塩漬けします。一晩で出た水を捨て、そのあと再度塩漬け。大量の塩を使いますが、これで1年位持つのです。
贈り主と山に感謝しながら、楽しい作業でした。(Nak)

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

今週は「小中学校空中ギャラリー」

P50819331

中野駅北口サンモール商店街では、先週後半から「中野区内小中学校空中ギャラリー」が催されています。

P51219472

例年、区内の小中学校の美術部などの力作が展示され、母校の後輩達がどんな作品を発表するのか楽しみにしています。

P51219381

今年は医療関係者の方々への感謝の言葉と「人と人の距離を2メートル空けましょう」の文字も掲げられました。

Sp51219421  

この九尾の狐と海上の城が描かれた傑作は、題名が「一縷の黎明(いちるのれいめい)」で中野区立第五中学校の作品です。

P51219372    

商店街の突き当り、中野ブロードウェイセンターの入り口にも「ありがとう!医療関係のみなさん」の文字が。(Shio)

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

今年も「空中水族館」

5月5日は「子供の日」でしたが、中野の「サンモール商店街」では今年もこいのぼりが元気に泳いでいました。

2_20200506133301
4月中旬からアーケード一杯に飾られた200匹のこいのぼりは、地元・中野区の小学生や保育園児が製作したもので、「空中水族館」の名で毎年、訪れる人を楽しませてくれます。

2_20200506133501
こいのぼりの上には、製作した小学校の名前が貼ってあり、横の壁には「デザインのテーマ」などが書いてあります。模様は手書きだったり、型押しだったり、工夫がいっぱいの様です。

1_20200506133301
渋めの色合いも、なかなかです。

3_20200506133301
外出自粛、の割には人出の多い中野。ほとんどのお店が営業しているせいかもしれません。値下がりしつつあるマスクを積んでいるお店も。この事態が少しでも早く収束することを願います。(Nak)

 

| | コメント (0)

«成城の家の棟上げ