« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月26日 (木)

小平霊園へ行きました

友人のお墓まいりに東京都小平霊園に行きました。

Img_8324_2

ここは小平、東村山、東久留米の三市にまたがり、65haもあります。一緒に行った友達の車が大変助かりました。

Img_8306

それで13年前に設計したトイレを見ることもできました。竣工してから何回か来ていますが管理が良いので、打ち放しコンクリートやレンガの壁面があまり汚れていません。「嫁に行った娘」が大事にされているのは嬉しいことでした。

Img_8301 

正面からの写真はホームページ企画展示室の収蔵庫にあります。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

落ち葉

道端に吹き寄せられた葉の中で一段と色鮮やかなのは桜の葉。春の花見だけでなく、秋のこの季節も目を楽しませてくれます。

S_2

気が付くと、歩道を覆う街路樹もすっかり秋の色合いです。

S_3

5月の記事で紹介した新緑のケヤキ並木(左の写真)も一雨ごとに色付き、落ち葉が舞っています。都会の中でもこんな風に季節の移ろいを味わえるのは、樹々のおかげです。

S_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

果てしなきサーカスの旅

国際サーカス村の村長、西田敬一さんの本「果てしなきサーカスの旅-国際サーカス村物語」がきょう、出版されました。表紙、装丁は高須賀優さん。

Simgp5410

ちょうど14年前の11月,「サーカス資料館の敷地が見つかったので、打合せをしよう。」という電話をいただきました。夕刻に渡良瀬渓谷線の花輪駅に着き、翌朝、西田さん、関口渉さんと雑草の生い茂る栗林の敷地を見に行ったことを思い出します。群馬県東村(現在はみどり市)は寒かった。

S05

その頃のノートには「愉快なひっかかり」「風をはらむテント」などの文字があります。2年後の9月に落成式が行われました。とても楽しかったのですが、その様子が本の中に素敵に書かれています。

S11

2階のすのこの間では高須賀さんのサーカスの絵が飾られ、その夜、ここでも「果てしなき大宴会」が催されたのでした。建築の詳細はホームページの常設展示室を見て下さい。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

風にそよぐ列柱

秋晴れの空の下、列柱が風にそよいでいます。

Simgp5334_2

晴海のトリトンスクエアでは円柱の塗装をし直していました。ゆっくりとそよいでいたのは、その養生シートです。

Simgp5338_2

柔らかな布製の柱が透明な大屋根を支えているようで、不思議な感覚に包まれました。

アトリエ海が入っている新井町の共同住宅は10年目を迎え、現在化粧直しをしています。(打ち放しなので変わり映えしませんが)

Simgp5120_2

それで、やっぱり「梱包」中です。打ち合わせに来た方が通り過ぎてしまった。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »