« 風にそよぐ列柱 | トップページ | 落ち葉 »

2009年11月12日 (木)

果てしなきサーカスの旅

国際サーカス村の村長、西田敬一さんの本「果てしなきサーカスの旅-国際サーカス村物語」がきょう、出版されました。表紙、装丁は高須賀優さん。

Simgp5410

ちょうど14年前の11月,「サーカス資料館の敷地が見つかったので、打合せをしよう。」という電話をいただきました。夕刻に渡良瀬渓谷線の花輪駅に着き、翌朝、西田さん、関口渉さんと雑草の生い茂る栗林の敷地を見に行ったことを思い出します。群馬県東村(現在はみどり市)は寒かった。

S05

その頃のノートには「愉快なひっかかり」「風をはらむテント」などの文字があります。2年後の9月に落成式が行われました。とても楽しかったのですが、その様子が本の中に素敵に書かれています。

S11

2階のすのこの間では高須賀さんのサーカスの絵が飾られ、その夜、ここでも「果てしなき大宴会」が催されたのでした。建築の詳細はホームページの常設展示室を見て下さい。(Shio)

|

« 風にそよぐ列柱 | トップページ | 落ち葉 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなきサーカスの旅:

« 風にそよぐ列柱 | トップページ | 落ち葉 »