« 新井薬師 | トップページ | ウォルフスブルク »

2010年7月 8日 (木)

耐震補強・多摩市の住宅

建物をリフォームする時は、既存の部分との取り合いに神経を使います。大工さんの仕事も細かい手作業が多くなるので道具も色々必要です。鑿(のみ)がきれいに並んだ道具箱が置いてありました。S

耐震補強のため、大きな掃出し口のところに新しく柱を入れ耐震壁を作りました。S_2

室内から見たところです。ML耐震補強工法(既存建物耐震補強研究会)を採用しています。

Sml_3

耐震壁(上とは別の箇所)の足元には既存の土台と基礎をつなぐ「AR金物」も取り付けています。Sarkanamono

この金物も既存建物耐震補強研究会のオリジナルですが、昨年12月に「日経ホームビルダー」の主催で強度の実験が行われました。2010年2月号の記事で紹介されていますが、その時の様子です。(Nak)Ar

|

« 新井薬師 | トップページ | ウォルフスブルク »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震補強・多摩市の住宅:

« 新井薬師 | トップページ | ウォルフスブルク »