« 「トトロの住む家」の公園 | トップページ | 「杉」の家の引渡し »

2010年8月 5日 (木)

リニューアルした多摩市の住宅

5月から続いていた耐震リフォーム工事が終わり、元の建物の姿は残しつつ、内・外装ともに新しくなりました。杉板(八溝杉)張りの外壁も軽快な感じです。工事は「多摩市住宅建設協同組合」が担当しました。

S

少し広くした玄関は、格子戸から入る光の効果もあり、明るく感じます。照明器具は前に使われていたもので雰囲気に似合っています。

S_2

洋間の収納は元からあった建具を使い、床は新たに「なら」材を張って蜜蝋ワックスで仕上げました。壁はベージュがかった色の石灰プラスター塗りです。

S_3

南側のバルコニーは以前と同じように「桧」で作りましたが、手摺や屋根の形は新たに考えています。大工さんの手作りです。

S_4

今回の工事では、地元の職人さんたちの誠実な仕事ぶりが印象に残りました。既製品になりがちなものも、労をいとわず手作りしてくれたところが色々あります。手摺の格子もそのひとつです。(Nak)

S_5

|

« 「トトロの住む家」の公園 | トップページ | 「杉」の家の引渡し »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リニューアルした多摩市の住宅:

« 「トトロの住む家」の公園 | トップページ | 「杉」の家の引渡し »