« 勝どき橋 | トップページ | 建具の製作工場 »

2010年10月14日 (木)

最北の列柱

観光シーズンが過ぎ、人の少なくなった北海道・稚内港には、秋の陽が静かに降り注いでいました。

S1_2 

港にある「北防波堤ドーム」は長さ424m、古代ギリシャ建築風の円柱が70本並ぶ迫力の空間です。昭和6年から5年かけて建設され、設計者は北海道庁の技師だった、当時26歳の土谷実。若い技師が、既成概念に囚われず自由に設計した結果の斬新なデザイン、と言われているそうです。

S2

夏にはいろいろなイベントも開かれて賑わいますが、人のいないこんな時も空間を独り占めできる気分で、良いものです。

S

堤防に上って見れば、水平線の彼方にサハリンの島影も見えました。(Nak)

|

« 勝どき橋 | トップページ | 建具の製作工場 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最北の列柱:

« 勝どき橋 | トップページ | 建具の製作工場 »