« 新中川・明和橋 | トップページ | ものつくり大学 »

2011年1月13日 (木)

2年目の浜田山住宅

入居後2年目を迎えた浜田山住宅を訪問しました。朝までの雨も上がり、青空の広がる暖かな日でした。

S 冬にもかかわらず、庭の木々も元気で、緑がいっぱいです。外壁が雨に濡れて、ピンクがかった漆喰の色が浮き上がっています。

S_2 家の中ではペレットストーブが燃えていました。「火の番」がご主人の冬の楽しみとのこと。ホールに通じる扉の欄間を開けておくと、暖かい空気が2階まで回って、ふんわり暖かいそうです。杉の建具も、赤松の床も、落ち着いた色になってきました。

S_4 出迎えてくれた奥様とワンちゃん。床暖房の入った広いキッチンが二人(?)のお気に入りの場所です。

S_5

2階吹き抜けの柱と梁は宮崎の「おび杉」で、しっかりと家を支えています。漆喰の壁もきれいで、光の柔らかい、明るいホールでした。(Nak)

|

« 新中川・明和橋 | トップページ | ものつくり大学 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年目の浜田山住宅:

« 新中川・明和橋 | トップページ | ものつくり大学 »