« 2年目の浜田山住宅 | トップページ | 中野駅北口周辺 »

2011年1月20日 (木)

ものつくり大学

参加している「NPO木の家だいすきの会」の研究事業で、杉厚板張の床の強度実験が行われ、埼玉県行田市にある「ものつくり大学」へ見学に行ってきました。昨年12月のことになります。S 広い実験棟の中に、杉板を張った1.8m×2.7mの試験体がセットされ、横から押したり引いたりして、力の伝わり方や変形のしかたを記録します。正式な結果報告は後日まとめられる予定ですが、現場に立ち会って、その経過を目や耳で、自分の感覚で捉えることができたことはとても有意義でした。

Monotukuri1 実験が終わって庭に出てみると・・・神楽殿のような東屋。その向こうには、格子の壁の国籍不明な小屋の群れ。不思議な風景です。建築コースの木造実習で作ったものらしい。

Monotukuri2 少し歩くと、築地塀や、コンクリート打ち放しの壁がかっこよく並んでいる実習棟もありました。こんな風に、広いキャンパスで、実際に手で建物を作って学ぶことができるとは、なかなか幸せな環境だと思いました。(Nak)

|

« 2年目の浜田山住宅 | トップページ | 中野駅北口周辺 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものつくり大学:

« 2年目の浜田山住宅 | トップページ | 中野駅北口周辺 »