« 倉俣史朗とエットレ・ソットサス展 | トップページ | 茨城のプレカット工場 »

2011年4月28日 (木)

1ヶ月半が過ぎて。

震災の被災地でも暖かな陽射しに桜が満開、川沿いは普段と変わらない宮城県多賀城市の風景です。

Photo_3

駅前の広場に、自衛隊のトラックやテントが 並んでいたので、近寄ってみると「入浴場」でした。水道やガスが復旧せずお風呂に入れない人たちも、まだ多いようです。

Photo_4

駅から少し歩いた住宅地は、津波の被害の跡がそのままになっているところが多く、風が吹くと砂埃が舞い上がり、人の気配があまりしません。住宅の壁には、水没した高さまで水の跡がくっきりと残っています。

Photo_5

また住めるようになるまでは、やはり大変だろうと感じました。(Nak)

|

« 倉俣史朗とエットレ・ソットサス展 | トップページ | 茨城のプレカット工場 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月半が過ぎて。:

« 倉俣史朗とエットレ・ソットサス展 | トップページ | 茨城のプレカット工場 »