« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月26日 (木)

耐震リフォーム 2年目

2年前に耐震リフォームをしたお宅にうかがいました。詳細な構造調査と補強を行った上で、元の和風の繊細な味わいを生かし、新しい住まいにつくり替えました。調査は「既存建物耐震補強研究会」、工事は㈱匠(なる)建築が行いました。

S

格子戸を通る光がきれいな玄関ホールが迎えてくれます。建具廻りはそのままで、壁や天井を塗り替えています。床のタイルも前と同じ張り方で新しくしました。

S_2

漆喰壁が窓からの光をやわらかく反射する階段。段板は足触りの良い杉のパネルです。

S_3

階段を上がったところにある杉板で作った飾り棚は、施主のコレクションの「水指」などが飾ってあります。先日の地震の時にこれが心配でしたが、一つも落ちなかったそうで安心しました。カラ松の床も、良い色合いになって来ました。

S_4

漆喰と無垢の木材で仕上げた内装は、調湿作用で快適な室内環境が得られます。そのため、エアコンの使用もかなり抑えることができているとのお話です。サッシの内側に付いている障子も断熱には効果的。おしゃれな和紙で補修している所を拝見しても、大切に、楽しんでお住まいになっている様子が伝わりました。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

小型パワーで棟上げ

先週の12日から、木造アパートの棟上げを行いました。

Scimg50541

入り組んだ平面のため、材木の搬入も、クレーンで上げるのもひと仕事、一日では終わりません。

Simgp21781

ここで活躍したのが小回りのきく「ホイールクレーン」。狭い作業空間でその特性を十分活かしてくれました。

Simgp22121

それでも届かない所は、やっぱり人力(じんりき)。工務店のみなさん、本当にご苦労様でした。柱は和歌山と栃木の桧です。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

十勝で馬に乗る

連休は北海道、十勝へ出かけましたが、帯広空港に着くと「雪」でした。何とか天気も回復し、3日目は幕別町の牧場で馬に乗りました。

S

この辺りは、これから春が始まる感じで、木々の葉も芽吹き始めたところです。眺めの良い丘の上をのんびり歩いています。

S_2

牧草はだいぶ青々してきました。そろそろ牛が放牧されるそうです。馬は元気に緑の丘を駆け上がって行きます。

S_5

川に入って、馬の足を冷やしながら帰りました。途中で、コゴミ、タラノメなどの山菜や、野草の小さな花々をたくさん見かけました。これから一気に緑があふれる前のエネルギーを感じる旅でした(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

茨城のプレカット工場

木造アパートの上棟を控えて、茨城のプレカット工場へ打合せにいきました。

Simgp19011

この自動木拾装置は、左側の狭い空間を天井につられたフォークリフトが、部材の断面寸法ごとに木材をストックします。そして個々の物件の仕様に応じて選び出し、加工工程に送り出す、世界初のシステムだそうです。

Simgp19221

パンフレットの表紙には「日本一のプレカット工場」と謳われていて、この「坂東工場」では月産35000坪、1090棟分を生産しているとのことでした。ここで扱われている材木は無垢材が3割、集成材が7割、我がアパートは前者です。

S

屋外のストックヤードには大地震の被災者用仮設住宅の母屋材が、加工を終えて梱包され、トラックでの搬送を待っていました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »