« 1年後の訪問・多摩市の住宅 | トップページ | 図録より「まくら橋」 »

2011年9月 8日 (木)

栃木県子ども総合科学館

夏休みに子ども総合科学館「わくわくグランディ科学ランド」に行ってきました。

Simgp41971

東武宇都宮線「西川田駅」で下りて、H2ロケットの実物大、50mの模型を目印に歩くこと20分で到着です。本館の設計は石本建築事務所で、竣工は1987年。ファサ-ドのガラスに風力発電機とプラネタリウムが映っています。

Simgp42001

折から「とびだそう宇宙へ!」という企画展が催されていて、小惑星探査機「はやぶさ」とその「帰還カプセル」の実物大模型が展示されていました。7月の21日から25日の5日間はカプセルの本物が展示されたそうです。

Simgp42051

敷地は広大で、北側にはこの姿川を挟んで風の広場が広がっています。プラネタリウムの2つの番組をはじめ、参加型の展示を歳を忘れて、閉館時間まで6時間、大賑わいの子どもたちに交じって遊んできました。駅への帰路、地元大谷石の蔵をパチリ。(Shio)

Simgp42191   

|

« 1年後の訪問・多摩市の住宅 | トップページ | 図録より「まくら橋」 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県子ども総合科学館:

« 1年後の訪問・多摩市の住宅 | トップページ | 図録より「まくら橋」 »