« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月24日 (木)

リフォーム現場の楽しみ

大泉学園の住宅で、リフォーム工事進行中です。

S

規則正しく並んだ丸い穴からセメント状のものがはみ出していて、何やら現代アートのようにも見えますが・・。

S_2

左官塗りの壁の裏側を解体したところで、下地のラスボードが見えているのです。いつも見ているラスボードは、表面にたくさん窪みがついていて、そこに左官材が付着するようになっていますが、このように丸穴が貫通しているものは、初めて見ました。年配の職人さんによると、「昔はほとんどこれだった」そうです。

S_3

このお宅は築45年ですが、丁寧に作られていて、当時の大工さんの創意工夫が随所に見られます。この階段室の天井もそのひとつ。下の段板の折返しに合わせるように、天井板が張ってあります。壁の塗り替えをしながら、左官屋さんも感心していました。

S_4

バーベキューができる広い庭へ居間から続くウッドデッキも計画しています。今はちょうど柿の実がきれいに色づいています。この他にも、梅、柚子、柘榴など色々な果樹が実を付け、一年中楽しめるとのこと。工事完成まで、もう一息です。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

能楽堂の調査

先週、都内の住宅地に建つ能楽堂の調査に参加しました。

Simgp54501

築101年の木造建築, 都内にある能楽堂で二番目に古いそうです。舞台には冴え冴えとした厳かな空気が漂っていました。

Simgp54311

舞台と見所(観客席)には別々に屋根が架かり、後者の屋根のトップサイドライトから自然光が舞台に落ちてきます。

Simgp54601

三間四方の舞台の角には七寸角の柱が立ち、斗拱(ときょう)が乗って軒を支えています。木口が白く塗られ、薄暗い中に浮かび上がって見えました。

Simgp55331

  能舞台の床下は深く掘られ、共鳴効果を高めるために六つの甕が配置されています。(Shio) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

秋色の旅・道東

晩秋の道東へ旅してきました。幸い、冬の気配漂うこの時期にしては暖かく、秋の名残の紅葉に出会うこともできました。

S1

屈斜路湖ではカヌーで紅葉狩り。水上からしか近づけないところにありました。

S2

穏やかな湖面に映る紅葉の色が見事でした。

S

釧路の牧場はすっかり枯葉色ですが、遠景のから松林が午後の陽を浴びて輝いています。日暮れが早いので、午後2時頃でも夕陽のイメージです。

S_2

林の中に入ると、植林されて間もない若木も黄金色に紅葉していました。設計する住宅で床板や家具のパネルによく使う「から松」ですが、こんなきれいな姿を楽しめる時期に訪れることができ、幸運でした。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

酉の市

今年は11月2日(火)が一の酉、二の酉が14日(月)で、三の酉が26日(土)です。

Simgp53371

我がアトリエ海も「商売繁盛」を願って、事務所を開設してから吉祥寺では武蔵野八幡宮、中野に移ってからは北野神社に毎年お参りしています。

Simgp53321

お参りをして、熊手を購入すると、お神酒が振舞われ、拍子木とともに「イヨーッ」と三本締めでお祝いしてもらいます。すると気分はもう師走。いっきに気ぜわしくなるのでした。

Sskmbt_c250111102162701

「お伽のヘブン-高須賀優展」のお知らせです。2011.11.1(火)~12.4(日)。座・高円寺の地価2階にある「Galleryアソビバ」で、 11月1日から12月4日(日)まで開催です。是非ご覧ください。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »