« 秋色の旅・道東 | トップページ | リフォーム現場の楽しみ »

2011年11月17日 (木)

能楽堂の調査

先週、都内の住宅地に建つ能楽堂の調査に参加しました。

Simgp54501

築101年の木造建築, 都内にある能楽堂で二番目に古いそうです。舞台には冴え冴えとした厳かな空気が漂っていました。

Simgp54311

舞台と見所(観客席)には別々に屋根が架かり、後者の屋根のトップサイドライトから自然光が舞台に落ちてきます。

Simgp54601

三間四方の舞台の角には七寸角の柱が立ち、斗拱(ときょう)が乗って軒を支えています。木口が白く塗られ、薄暗い中に浮かび上がって見えました。

Simgp55331

  能舞台の床下は深く掘られ、共鳴効果を高めるために六つの甕が配置されています。(Shio) 

|

« 秋色の旅・道東 | トップページ | リフォーム現場の楽しみ »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能楽堂の調査:

« 秋色の旅・道東 | トップページ | リフォーム現場の楽しみ »