« 多摩産の木の家・5年後の訪問 | トップページ | 中央研究所・庭園散歩 »

2012年3月29日 (木)

瑞穂町の家の棟上げ

Scimg77131

大安の3月24日から26日に亘って、「瑞穂町の家」の建て方を行いました。お庭の紅梅が今を盛りと咲いています。梅は咲いたか、桜はまだかいな。

Scimg77001

とはいえ足場の一番高いところに登ると、風はまだまだ冷たい。化粧柱の4寸角は三重県の尾鷲の桧で、壁に隠れる4寸角は大分県の日田の杉を使っています。

Simgp68441

午後5時半、棟木も無事に上がり、若い棟梁と棟梁の親父さんが御幣でつくった棟上飾りを据え付けました。ちなみにアトリエ海と棟梁シニアとは20年来のお付き合い。 

Scimg77351

家の四方を固める為にそれぞれの隅柱に四方餅を供え、お酒と洗米、塩を撒いて、いつまでも建物が無事であるよう お清めをしました。夕方、クレーン車の運転席に乗せてもらって、ニコニコだった二人のお孫さんも神妙な顔つき。4世代の上棟式です。(Shio)

|

« 多摩産の木の家・5年後の訪問 | トップページ | 中央研究所・庭園散歩 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞穂町の家の棟上げ:

« 多摩産の木の家・5年後の訪問 | トップページ | 中央研究所・庭園散歩 »