« 瑞穂町の左官工事 | トップページ | 梅サワードリンク造り »

2012年6月28日 (木)

中野の三岸好太郎・節子アトリエ

Sdscn10051

歴史・文化のまちづくり研究会「東京の近代建築」 (2000年12月発行)には、中野区の建築はひとつしか載っていない。それがこのアトリエです。いつか見たいものだと思っていたら、町内の掲示板に「JIA・中野区内の歴史的建造物見学会」のお知らせを発見。

S

設計はデッサウのバウハウスに留学し、昭和7年に帰国した山脇巌で、昭和9年に竣工。当時の外観写真を見ると、陸屋根の直方体に大きな直交したガラス面が正方形のグリッドで割付けられていて、木造建築には見えない。ちなみにやはり木造に見えない、フランク・ロイド・ライト事務所出身の土浦亀城の自邸の建設が昭和10年。(白黒写真はポストカードより転載)

Sdscn10091

この建築のデザインに深く関わった好太郎は完成の三ヶ月前に逝去。その後妻節子がアトリエとして使用し、この階段室など、増改築がいくつか行われている。プラスター塗りの壁には、はっかけ納まりのような木枠が付いていて、正面からはドアしか見えない工夫がなされているのが楽しい。

Photo

現在は玄関の位置が変わり、寄棟屋根が乗り、窓枠はアルミサッシに変わっているが、アトリエの高い天井の清々しい空間に軽やかな手作りの螺旋階段は健在で、 1日体験教室をはじめ、邦楽ライブ、ギャラリー等さまざまなイベント(落語も!)を開催する、 アトカルとして活用されています。フェイスブックもありました。(Shio)

|

« 瑞穂町の左官工事 | トップページ | 梅サワードリンク造り »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中野の三岸好太郎・節子アトリエ:

« 瑞穂町の左官工事 | トップページ | 梅サワードリンク造り »