« 心行寺・双葉ホール | トップページ | 瑞穂町の左官工事 »

2012年6月14日 (木)

仙台の家・リフォーム中

1985年に設計した仙台の家で改修工事が始まりました。居間を増築し、水廻りや、収納、内装クロスなどをリフォームします。昨年の地震でも、棚の物はだいぶ落ちたようですが、建物は無事でした。今回、増築のために、モルタル壁の一部を解体しましたが、頑丈で、大工さんが、かなり苦労していました。

3

2”×4”の家なので、増築も同じ工法です。プラットホームと呼ばれる床を先に作ります。
右側は既存の家の壁ですが、モルタル塗りの下に通気層を取っていたため、下地の合板が、27年経っても傷んでいませんでした。

Photo

壁が立ち上がり屋根下地もできたところです。小さな部屋ですが、居間・食堂と連続した「+α」の空間として使います。

Photo_2

2”×4”、8”サイズの木材と構造用合板で構成される骨組みが、まだ見えている内部。出窓から庭の眺めを楽しめます。天井は高いところで約3mあるので、開放感があります。
仙台は復興工事の影響で、かなりの人手不足。工事が順調に進むように願っているところです。(Nak) 

|

« 心行寺・双葉ホール | トップページ | 瑞穂町の左官工事 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台の家・リフォーム中:

« 心行寺・双葉ホール | トップページ | 瑞穂町の左官工事 »