« 梅サワードリンク造り | トップページ | 中野駅北口の現在 »

2012年7月12日 (木)

初夏の多摩川を馬で行く。

初夏の多摩川へ、馬で出かけました。この時期は日の出も早いので、朝4時過ぎにはスタートです。朝霧のかかる、ほの暗い草むらを進むこと暫し、いつも朝日を眺める河原に出ました。

Photo
この日は日の出は見ることが出来ませんでしたが、少し暗い雲がたなびく様子が墨絵の様で、面白い風景でした。静寂の中に鳥の声が響いてきます。

Photo_2
増水したときに流されてきたと思われる流木が横たわっていました。曲がりくねったユニークな形です。ベンチのように腰掛けて、しばし休憩。大雨が降った後は、河原の景色が一変するのが、川の面白くも怖いところです。

Photo_4
こんな粘土の不思議な地形も見られます。雨の後などは、馬の脚が滑るので注意が要ります。この時間になると、時折、散歩や釣りの人に出会います。中には顔なじみも・・。空に浮かぶ雲が初夏らしい、爽やかな朝でした。(Nak)

                                           

|

« 梅サワードリンク造り | トップページ | 中野駅北口の現在 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の多摩川を馬で行く。:

« 梅サワードリンク造り | トップページ | 中野駅北口の現在 »