« ジャズフェスティバル | トップページ | 瑞穂町の花水木 »

2012年9月20日 (木)

旧日本獣医畜産大学本館

現場での打合せが早めに終わったので、前からずっと気になっていた建築を見に行くことが出来た。

Sdscn26361

立川方面に向かう中央線が武蔵境駅に差し掛かる直前、左側に赤い屋根の洋館、木造2階建てが見えてきます。とても気になっていました。ホームページによると、日本獣医生命科学大学(旧日本獣医畜産大学)は1937年(昭和12年)に現在の敷地に移転し、校舎を整備したとあります。

Sdscn26301

本館(1号館)はもともと東京市営繕課が設計して1909年(明治42年)に竣工した旧麻布区役所で、移転に際しては明治学院大学礼拝堂のウィリアム・メレル・ヴォーリズが改修設計を手掛けたそうです。築103年。

Sdscn26231

2号館(真ん中の林の向こう)がヴォーリズ館と呼ばれているところをみると、こちらは彼のオリジナルかもしれません。(とすれば、こちらは築75年。)ちなみに武蔵境駅を過ぎた直後、右側に見える馬場は当大学の第2キャンパスで、馬好きの同僚によれば、引退した競走馬もここで第2の人生(?)を過ごしていたとか。(Shio) 

|

« ジャズフェスティバル | トップページ | 瑞穂町の花水木 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧日本獣医畜産大学本館:

« ジャズフェスティバル | トップページ | 瑞穂町の花水木 »