« 青梅で芋煮会 | トップページ | 真剣にワークショップ »

2012年12月 6日 (木)

隅田川・清洲橋

Sdscn2348

これは今年の9月9日の写真です。隅田川に架かっている橋の中でも、この清洲橋は美しさが際立っているように思います。設計者は逓信省から山田守に内務省東京復興局へ引き抜かれた山口文象。

Simgp2251

「関東大震災後の復興計画に基づき、昭和3年、1928年に架けられました。長さ186.22m、幅22mのつり橋。・・・ドイツケルン市のライン河に架かるつり橋をモデルにした・・・」と袂にある「由来」の看板には書かれています。が、

Simgp2244

長谷川堯「建築をめぐる回想と思索」の山口文象への聞き書きによれば、逆にケルンのつり橋のまねになっては困るという抵抗があり、だいぶ苦労したとのこと。風の方向や地震の影響もあって、橋脚と橋床との接合部は全然違うのだそうです。

Simgp2252

下流に架かる永代橋のどっしりした重量感溢れる男性的なイメージに対して、エレガントな下垂曲線を描く 女性的な清洲橋。このふたつをワンセットにして、土木学会では2000年に「第一回選奨土木遺産」に選定しています。(Shio)

|

« 青梅で芋煮会 | トップページ | 真剣にワークショップ »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川・清洲橋:

« 青梅で芋煮会 | トップページ | 真剣にワークショップ »