« 茶の湯の美術館・畠山記念館 | トップページ | フォーラム&街角アール・ブリュット展 »

2013年1月31日 (木)

中井・林芙美子記念館

送られてきた「TOTO通信・2013年新春号」で、藤森照信さんが「山口文象の自邸」を紹介している。隅田川に架かる清洲橋の設計者だ。その文章の中に「・・・「林芙美子邸」のような木造住宅を見ても、・・・。伝統のままのような、そうでもないような、語る言葉が見つからない。・・・」とある。

Simg_89731

山口文象はワルター・グロピウスのアトリエにいたこともあるモダニズム建築の担い手。僕は興味津々で中井にある、この和風住宅を6年前の2月に訪れていた。戦時中の1941年竣工で、1棟の床面積に制限があったため、2棟を勝手口と土間で繋いだプランになっています。

Simg_90091

橋の仕事をしている頃、「茶室にこって、京都の名茶席を残らず、実測して写真をとって回った 」(「建築をめぐる回想と思索」)山口と、「自分のイメージを伝えるために、設計担当者と大工を連れて京都まで民家や茶室を見学に行った」(記念館のパンフレット)施主の林芙美子の想いを、骨の太い構成と神経の行き届いた細部に感じました。

Simg_90501

写真は、そんな数奇屋造りの一角にある、夫緑敏のアトリエの天窓です。民家風の室内にモダンな光が差し込んで、「なるほどね。」と思ったりしたのでした。裏の高台に上って屋根瓦と天窓の納まりを見る。四角い袖壁、再度「なるほど。」(Shio)

|

« 茶の湯の美術館・畠山記念館 | トップページ | フォーラム&街角アール・ブリュット展 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中井・林芙美子記念館:

« 茶の湯の美術館・畠山記念館 | トップページ | フォーラム&街角アール・ブリュット展 »