« キンドルとマック | トップページ | 中井・林芙美子記念館 »

2013年1月24日 (木)

茶の湯の美術館・畠山記念館

白金台にある畠山記念館に出かけました。閑静な住宅街にある記念館は、実業家で茶人でもあった畠山即翁が収集した茶道具の名品の所蔵で有名な美術館です。
起伏に富んだ苑内には、沢山の樹木が繁り、茶室も数棟点在しています。

Photo_2
敷地は、江戸時代には薩摩藩主の別邸だったところです。記念館の入り口には、樹齢300年という赤松の大木がそびえています。樹皮もさすがに迫力がありました。

2_2
ちょうど、「春を祝う」 と題した冬季展が開催されており、明るい雰囲気の展示物が色々並んでいました。大胆かつ華やかで、親しみやすさも感じる茶道具の数々。「おしゃれ」です。

Photo_3
苑内の舗石も美しくデザインされています。この先には、毘沙門堂・浄楽亭という茶室があります。
まだ雪も少し残る空気の冷たい午後でしたが、とても清々しい気分になりました。(Nak)

|

« キンドルとマック | トップページ | 中井・林芙美子記念館 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶の湯の美術館・畠山記念館:

« キンドルとマック | トップページ | 中井・林芙美子記念館 »