« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

大崎八幡宮(仙台)

仙台にて、雪の翌日、「国宝 大崎八幡宮」に立ち寄ってみました。

S
伊達政宗公の命で1604年に工事が始められ、京や大阪から招かれた当代一流の工匠が腕を揮ったとのこと。豪壮・華麗な桃山建築の特徴がよく表れています。また、権現作りの現存最古の建造物として、国宝に指定されています。

S_2
近年の修理工事により、当時の華麗な姿がよみがえっており、社殿に近寄ると、極彩色の彫刻や、きらびやかな金具に眼を奪われます。内部の天井は、創建当時の彩色がそのまま残されています。また毎年1月14日の、正月飾りを焚き上げる「どんと祭」でも有名です。神社のH.Pはこちらです。

S_3
社殿に参拝するには、この階段を昇らなければなりません。ここは、私が高校生の時に毎日クラブのトレーニングに通ってきたところで、何と「ウサギ跳び」でこの石段を登らされたのです。久しぶりに訪れて感慨深いものがありました。(Nak) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

円空の歓喜天

いいお天気に誘われて、上野の国立博物館へ行って来ました。

Sdscn4804

好きな円空の展覧会です。最初に観たのは40年ぐらい前で、新宿の小田急百貨店でした。何も知らずに立ち寄ったのですが、木っ端仏というのか、わずかに目と口が彫られた焚き木のような仏様に魅せられました。

S

8年前の2005年には横浜のそごう百貨店でした(下のチケットはその時のもの)。そして今回。「飛騨の円空」展は高校の修学旅行で訪れた飛騨の高山周辺に所蔵されている円空仏の展示です。美濃国(岐阜県)は彼の生まれ育ったところです。

S_2

展示されていた100体の中で、一番持って帰りたかった(?)のが「歓喜天立像」。秘仏のためか、図録にはモノクロ写真のみ。たまたまカタログにスケッチしてました。頭が象、体が人間の2体が抱きあっている仏像で、高さ13.5cmのちょっと色っぽい”聖天さま”です。4月7日まで。お花見にいいかも。 (Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

コンサートin苗場

毎年この時期に苗場スキーリゾートで開かれる、松任谷由実のコンサート「YUMING SURF & SNOW in NAEBA」に、先週行ってきました。なんと、33年続いているそうです。

S
コンサートが始まるのは21時半から。終わるのは0時近くになりますが、ホテルや周辺に泊まる人がほとんどなので、帰りの心配をせずに楽しめるのが良いところです。
ゲレンデはナイターも終わり、スキーヤーも引き上げ、静寂に包まれています。
S_2
コンサート会場となるホテルのロビーは、沢山の人で熱気が溢れています。約1000人の観客は、やはり中高年が中心ですが、2時間半ぶっ続けで歌って踊るユーミンと一緒に 、とても盛り上がりました。今回のテーマは「氷の世界」。

Snews
コンサートのニュースはこちらのサイトでも紹介されています。

最近は'80年代後半のスキーブームを過した人たちが子供連れで又、スキーを始めたり、スノーボーダーも増えるなど、苗場スキー場にもお客さんが戻ってきているようです。

******** お知らせ  *********

2月18日(月)から23日(土)まで、所属するNPO「木の家だいすきの会」主催の建築展を、当社アトリエ海・担当で開きます。場所は、初台の東京オペラシティ1階、木童・新宿ショールームです。是非、お立ち寄り下さい。詳細はこちらでも。(Nak)

******** お知らせの訂正  *********

上記、建築展を弊社の都合により、2月25(月)から3月2日(土)に変更します。お詫びして訂正します。(Nak):2月18日記

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

フォーラム&街角アール・ブリュット展

2月に入って、中野駅北口では「人の無限の想像力を探求する 2013」と題して、街角アール・ブリュット展が開催されています。

Sdscn4628

フランス語で「加工されていない生(き)の芸術」を表わす言葉で、「正規の美術教育や文化潮流とは全く無縁の文脈によって作者独自の方法と発想により制作された芸術作品」のことだそうです。2月28日まで、サンモール商店街の空中ギャラリー。

Sdscn4615

また、「まんだらけ」で世界に知られる中野ブロードウェイの階段ギャラリーにも2月21日まで、国内外のアール・ブリュット作品のポスターが展示されています。本年の3月にはイギリス、ロンドンのウエルカム・コレクションで「Art Brut Japan]展が開催されるそうです。

Sdscn4635

2月16日(土)の午後1時半からフォーラムも開かれます。昨秋出来たばかりの中野セントラルパークサウス コングレスクエアの地下1階コンベンションホールCで、「アール・ブリュットがもつ魅力について、専門家・先駆者・実践家が多いに語る!」無料[要予約]TEL:03-3387-0082 FAX:03-3387-0820愛成会まで。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »