« 緑のカーテン・スタート | トップページ | CIとドアのデザイン »

2013年6月13日 (木)

崖の上のアテネ・フランセ

日曜日、天気が良かったので(少し良すぎた)、御茶ノ水へ聖橋(設計、山田守)を見に行きました。

S025

そういえばということで、足を延ばしてアテネフランセも見ることにしました。先々週の「大学セミナーハウス」と同じく設計監理はU研究室です。

S065

1960年の第一期工事から1980年の第八期工事まで20年間に亘って、増改築を繰り返し、その度に付加された造形が何とも言えないバランスを生み出していると感じます。

S075

女坂の急な階段を下って南側に回ってみると、運の良いことに正面からの景色を塞いでいたビルが解体され、全貌とまでは言えないものの、8割がたのファサードを眺めることが出来ました。

S0921

そして更に喜ばしいことに、崖の下は左側の新しいビルの公開空地になっていて、足もとまで近寄ることが出来るのでした。それで、アテネ・フランセが本郷台地の突端に建っていることを実感した次第です。(Shio)

|

« 緑のカーテン・スタート | トップページ | CIとドアのデザイン »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 崖の上のアテネ・フランセ:

« 緑のカーテン・スタート | トップページ | CIとドアのデザイン »