« 仙台七夕まつり’13 | トップページ | 緑のカーテン完成 »

2013年8月15日 (木)

憲法を護(まも)るまち

31年前の1982年8月15日、中野区は「憲法擁護・非核都市」を宣言しました。

S024

宣言の後半に「私たちの憲法は くらしを守り 自由を守り 恒久の平和を誓う
私たちは この憲法を大切にし 世界中の人びとと 手をつなぎ 核をもつ すべての国に 核兵器をすてよ と 訴える」とあります。

Sdscn6379

約12,000名の署名を集めて提出された請願が、区議会で採択され、宣言されました。上段の写真は、翌83年に区役所前庭に設置され、10周年に建て替えられた「宣言塔」、中段は84年に勤労福祉会館の敷地に設置されたブロンズ像「護憲の像-母と子の平和」です。

Sdscn6372

そしてアトリエ海から歩いて5分の平和の森公園(中野刑務所跡)には「平和資料展示室」があります。戦争中の暮らしや学童疎開、空襲や原爆についての資料が展示され、平和でないことがどんなことであるのか、が示されています。前庭には「宣言」が刻まれた広島の被爆石 が置かれています。全文はコチラ。(Shio)

|

« 仙台七夕まつり’13 | トップページ | 緑のカーテン完成 »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仙台七夕まつり’13 | トップページ | 緑のカーテン完成 »