« 秋の海を馬で走る | トップページ | 地鎮式-「茶室のある家」 »

2013年11月 7日 (木)

プレカット工場で打合せ

S077

秋晴れの昨日、「吉祥寺の家」の打合せで、千葉県野田市のプレカット工場へ行きました。30年前に建てられた大規模木造建築です。

S079

ここにある全自動柱材加工機は、手刻みでしか出来なかった「長ほぞ」の加工が可能です。左側がその「長ほぞ」で右側が「短ほぞ」。今回、「こみ栓」には樫を使います。

S076

最新鋭の加工機を使用しながらも、鉄骨造ではなく、木造にしているこの工場では、仕上がった材木を並べている架台も木で作っているのが好ましい。

S094

外に出ると、杉の平角材が仮置きしてありました。心材の赤味と辺材の白太(しらた)が作る模様が何とも美しく、意識して積んでいるのかどうか、次回は聞いてみたいと思います。(Shio)





|

« 秋の海を馬で走る | トップページ | 地鎮式-「茶室のある家」 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレカット工場で打合せ:

« 秋の海を馬で走る | トップページ | 地鎮式-「茶室のある家」 »