« ふたつの庁舎(前編) | トップページ | 京都で銘木を選ぶ »

2013年11月28日 (木)

近現代建築資料館

S046

先日、湯島にある国立近現代建築資料館に行きました。「人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三」の内覧会です。会期は来年の2月23日まで。

S023

以前は司法試験に合格した司法修習生が研修を受ける講堂だったところで、階段教室を改修した施設だそうです。友人の弁護士も「行った、行った。」と言ってました。

S017

円形のテーブルを中心に、図面収納の引き出しを備えた展示ケースが円弧上に配置され、取り壊しが懸念される「神奈川県立近代美術館」の図面と模型も展示されていました。

S043

窓からはジョサイア・コンドル設計の旧岩崎邸洋館(1896年竣工)が見えます。手前の和館、山小屋風の撞球室、庭園(入園料400円)と同時観覧ならば、事前申し込みは不要です。(Shio)

|

« ふたつの庁舎(前編) | トップページ | 京都で銘木を選ぶ »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近現代建築資料館:

« ふたつの庁舎(前編) | トップページ | 京都で銘木を選ぶ »