« 近現代建築資料館 | トップページ | 吉祥寺の家の上棟式 »

2013年12月 5日 (木)

京都で銘木を選ぶ

最後の紅葉が美しい京都に、行ってきました。

Photo
ちょうど秋の特別公開をしていた大徳寺「黄梅院」の紅葉。左側の白壁に、光が反射して赤く染まっていました。

Photo_2
今回の目的は、「茶室のある家」に使う材料の下見です。建て主さんと、材木屋さん・「木童」のスタッフと一緒に、京都上京区の銘木屋「松文商店」に伺いました。茶室に使う候補の北山杉の柱や松丸太、天井板、などを並べておいてくれました。

Photo_3
伝統的な京町屋形式のお店には、丸太や板の立派な材料がぎっしりと並んでいます。通りにわの向こうには、ショールームにもなる立派な茶室があります。ここも見学しながら、3時間ほどかけて、材料を選びました。

Photo_4
老舗らしい「松文商店」の店構え。この奥に細長い大きな空間があるのです。(Nak)





|

« 近現代建築資料館 | トップページ | 吉祥寺の家の上棟式 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都で銘木を選ぶ:

« 近現代建築資料館 | トップページ | 吉祥寺の家の上棟式 »