« 西荻さんぽ・「伏見稲荷神社」 | トップページ | 木造ドミノ・ソーラータウン府中 »

2014年1月23日 (木)

介助のシュミレーション

建て替え計画のお手伝いをしている障がい者グループホームで、お風呂やトイレでの動線について、実際に動いて検討してみよう、ということになりました。

Photo_2
早めに集まったスタッフが、計画している浴室の実際の大きさを、赤いテープを張って示しているところです。左側の段ボールは、浴槽のつもり。何でも実際の大きさを体験することが大切です。

Photo_3
車椅子で脱衣室に入り、床に寝せた状態で着替えをする場合の検討です。この施設の利用者Ⅰさんが実験台になってくれました。

Photo_4
今度は、抱きかかえてお風呂に入る場合の動きの検討です。介助者も腰を痛めないようにするために、浴槽の横に足を置くスペースが必要、ということもわかりました。

Photo_5
介助スタッフの皆さんで、熱心な意見交換をしています。障がい者といっても人それぞれ。その状態に合わせた丁寧な介助を目指している姿勢が素晴らしいと思いました。(Nak)


|

« 西荻さんぽ・「伏見稲荷神社」 | トップページ | 木造ドミノ・ソーラータウン府中 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介助のシュミレーション:

« 西荻さんぽ・「伏見稲荷神社」 | トップページ | 木造ドミノ・ソーラータウン府中 »