« 茶室のある家・上棟 | トップページ | 1年点検 「瑞穂町の家」 »

2014年2月27日 (木)

春を待つふたつの校舎

Sdscn9926

昨年に引き続き、今年の春も中野・四季の森公園周辺では、ふたつの学校が新しく生徒を迎えます。ひとつは早稲田大学。去年の今頃は、4,5階の躯体が建ち上がったところでした。(工事中の写真

Sdscn9941

建築、外構の工事はほぼ終わり、家具などの備品を運び込んで、1階に入っているコンビニには3月6日オープンの張り紙も見られます。なにより西側の道路が緑化されて広くなったのが喜ばしい。

Sdscn9923

もうひとつは、中野区立中野中学校、昔の中央中 です。九中と統合して、3階建てが5階建てになりました。僕の在校時は校庭も建物に囲まれて、窮屈な思いをしましたが、こんどは南側が広大な公園につながって広々しています。

Sdscn9944

中野中は現在、外構の工事中。校庭とともに、早稲田通りに面した正門前の整備をしています。フェンスをだいぶセットバックしているので、歩道部分も広がって、ゆったり緑化されることを期待しています。(Shio)

 

|

« 茶室のある家・上棟 | トップページ | 1年点検 「瑞穂町の家」 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つふたつの校舎:

« 茶室のある家・上棟 | トップページ | 1年点検 「瑞穂町の家」 »