« 古紙再利用の断熱材 | トップページ | 春を待つふたつの校舎 »

2014年2月20日 (木)

茶室のある家・上棟

先日、「茶室のある家」が、上棟の日を迎えました。

Photo_2

お天気も良く、青空の下、順調に作業が進みました。木材は宮崎の飫肥杉がメインで、いつもの「木童」さんが担当です。茶室部は京都の北山杉を使っています。

2f

前面道路が広いのでクレーン作業も楽かと思いましたが、電線が微妙な位置にあり、それを避けながらの荷揚げは少し苦労したようです。

Photo_3

午後3時過ぎには無事、上棟しました。この後四隅に、酒、塩、米を撒いてお清めを行い、工事の無事を祈りました。

Photo_4

ちょうど庭の梅が5分咲きで、春遠からじ・・。と思ったら、翌日、大雪が降ってしまいました。(Nak)

|

« 古紙再利用の断熱材 | トップページ | 春を待つふたつの校舎 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶室のある家・上棟:

« 古紙再利用の断熱材 | トップページ | 春を待つふたつの校舎 »