« 道東へ馬旅に | トップページ | 染井吉野の28日 »

2014年5月 8日 (木)

大工さんの鑿(のみ)

Sdscn8084

先月下旬、「吉祥寺の家」の木工事が完了しました。柱、梁が表に出てくる真壁が多いこの家で、祖父の代から3代目の若い大工さんに腕を振るってもらいました。壁は土佐和紙張り。

Sdscn0136

傍らに大工道具が使いやすいように並べられていました。鑿(のみ)の中に変わった形が。上から3番目と4番目は「2段鏝(こて)鑿」というそうです。左官屋さんの鏝に似て、柄と刃が段違いになっています。それも2段。

Sdscn7376

柱に床板を差し込むための溝を仕上げる時に使っているのを目撃しました。右用、左用があるのです。他にも柄に紫檀や黒檀を仕込んであるのも見せてもらいました。美しくて床の間に飾っておきたい。

Sdscn8107

そんな訳で、なるべく邪魔をしないよう、お茶の時間に収まりの相談をしながら、道具のあれこれも教えてもらいました。手際の良い丁寧な仕事に感謝しています。是非、また、今度、お願いします。(Shio)

|

« 道東へ馬旅に | トップページ | 染井吉野の28日 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大工さんの鑿(のみ):

« 道東へ馬旅に | トップページ | 染井吉野の28日 »