« 中野中学校内観 | トップページ | 松本竣介のふたつの場所 »

2014年8月14日 (木)

高齢者施設の家具選び

今月、清瀬市にオープンする高齢者施設で、家具やカーテンを選ぶお手伝いをしました。「サービス付高齢者向け住宅」「グループホーム」「複合型ケア」の三つが入っています。新規オープンの準備で忙しい中、こちらで提案した見本などの中から、各事業所のスタッフの皆さんが話し合いをして、選んでいます。                                                 

Photo_2

「複合型ケア」のデイルームです。カーテン越しに見える緑地の眺めも取り入れて、カーテンと椅子の色にグリーンを選んでいます。ベージュ色と混ぜて、単調になるのを避けています。

Photo_3

「サービス付高齢者向け」の食堂です。いかにも施設という感じではない家具にしたい、と言うスタッフが選んだのは、ダークな茶色の家具。外のテラスの先には畑が広がり、開放感のある眺めです。

2

「グループホーム」のスタッフは、こんな鮮やかな色を選びました。認知症の方が利用する居間・食堂ですが、パステルカラーに白木・・のような、従来の施設等でよく見る家具より、ちょっと刺激があって、楽しいかもしれません。

S2

ちょうど内覧会が行われていて、たくさんの人が見学に来ていました。これから、このような新しく、工夫のある高齢者施設が増えていくことでしょう。(Nak)

|

« 中野中学校内観 | トップページ | 松本竣介のふたつの場所 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者施設の家具選び:

« 中野中学校内観 | トップページ | 松本竣介のふたつの場所 »