« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月25日 (木)

地元の秋祭り

今年も秋祭りの季節がやってきました。週末、「北野神社例大祭」が行われ、町内でも色々とイベントがありました。

Photo
近所の軒先には提灯があちこちに下げられ、お祭り気分を盛り上げています。

Photo_2
雨の天気予報が幸いにも外れ、子供たちの太鼓の山車やお神輿が練り歩きます。土曜日は小さな子供たちが多く、付添いの父兄のほうが目立っていました。

Photo_3
日曜日はすっきりした青空。揃いの法被を着た、少し大きい子供たちがお神輿を担いでいます。普段の町中では、こんなにたくさんの子供たちを目にすることはありません。

Photo_4
夜は幻想的な「万灯神輿」が登場しました。予想以上にたくさんの若い衆が集まっているのにびっくりです。いつもは静かな町内ですが、各年代、お祭りの賑やかさを楽しんだ二日間でした。(Nak)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

ぼくたちの地鎮祭

Sdscn9290

ところ変わって、都内の住宅地でも地鎮祭です。こちらは「目黒の家その2」。「目黒の家」のお隣で、雨に備えてテントの中での式典となりました。

Sdscn9293

敷地の四隅をお祓いして清める「四方祓(しほうはらい)」。何をしているんだろうと、不思議な服装をした神主さんのひとつひとつの不思議な振る舞いに興味津々。

Scimg30062

神主さんは碑文谷八幡様にお願いしました。地鎮の儀の「穿初(うがちぞめ)」で、家族揃って、盛り砂に鍬を入れているところです。

Sdscn9306

地鎮祭を無事に終え、お供えしていた塩、酒、米を敷地の四方に順番に撒いていきました。ぼくは塩の係り。「早くできるといいなあー。」と関口工務店のおじさんに言いました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

秋空の下の地鎮祭

このところ雨続きでしたが、すっきり晴れた大安吉日、「グループホーム新町の家」の地鎮祭が行われました。

S
敷地の周りは、こんな茶畑が広がり、防風林も見事で、伸び伸びした気分になります。狭山茶の産地です。

S_2
地鎮祭が始まり、神主さんが祝詞をあげているところです。陽射しはまだ強いですが、風は秋を思わせる心地よい涼しさでした。

S_3
グループホームの事務局関係者、利用者やその家族の方たちが出席されました。中でも利用者のⅠさんはお祭り大好きで、この地鎮祭も、ずっと楽しみにしていたそうです。来年3月の完成目指して、工事の無事を祈りました。(Nak)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

中野の壁画

Ssdscn88981

1週間から2週間に1回ぐらい、哲学堂テニスコートで練習しています。技術の向上は願うべくもなく、体力の維持が目的です、もちろん。その途中の陸橋に素敵な壁画が描かれています。

Sdscn9154

題名は「絆でつくろう きれいな街づくり」。色とりどりの風船や雲、星の中に大きなサーカステントが描かれています。中野区立第五中学校美術部の作品で、この夏休みに完成しました。信号待ちも苦にならない。

Sdscn9057

実は中野駅北口の壁面にも壁画があります。西側には青い海の中をたくさんの魚が泳いでいます。ラッシュアワーみたいに。右下に1991.10.5,6の日付。2日間の奮闘?そして、「300人で描いた1000匹の・・(かすれて読めず)」とあります。

Sdscn9050

正確に言えば、300の0に×があって、2に直されていますが、「ぼくらもいるんだよ。」との抗議を受けたのでしょうか。対して東側の壁面にはとてものどかな地球の風景が宇宙の中に浮かんでいます。「JOSHIBI]のサインがありました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »