« 地元の秋祭り | トップページ | 住まいの見学会 »

2014年10月 2日 (木)

15年目の全貌

Sdscn9129

アトリエ海が設計・監理した「新井町の共同住宅」が竣工から15年を経て、ようやくその全貌を現しました。お隣が改築のため、木造の住宅が解体されたのです。

Simg_2523

敷地がS字形のうえ、地区計画がかかった住宅密集地にセットバックして建てられた建築は、今まで、模型でしか全体が見られませんでした。

Simgp0233

ちなみに、北側も竣工後数年は、やはり木造のアパートに遮られ、姿を現しませんでした。ブロックの交互積みは耐力壁のバランスをとるための苦肉の策です。

Simgp0239

夜景です。一番下の明かりが半地下で仕事にいそしむアトリエ海のガラスブロックの窓です。続いて4階建ての共同住宅の工事が始まりました。束の間の全貌です。

|

« 地元の秋祭り | トップページ | 住まいの見学会 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15年目の全貌:

« 地元の秋祭り | トップページ | 住まいの見学会 »