« 晩秋の多摩川を馬で行く | トップページ | 建築展のお知らせ »

2014年11月20日 (木)

犬も歩けば都の西北

1Sdscn9715

先月のとある日曜日。晴天が気持ちよくて、ひとつ国会前までどのくらいかかるのか、と中野の自宅から自転車を漕ぎ出したところが、早稲田でお祭りに出会ってしまった。

Sdscn9683

稲門際という早稲田大学校友(卒業生)会の最大イベントだそうで、キャンパスを歩いてみた。政経学部の新3号館(右端)がこの秋に竣工していたが、低層部は復元されているので、地上ではあまり変化を感じない。(一番上の写真)

Sdscn9731

ところが、正門前の大隈記念タワーの18階、交友サロンから見下ろすと、教育学部、法学部、商学部、政経学部と順次高層化され、その変貌ぶりはとても激しい。

Sdscn9704

そして、小野梓記念館も1階のギャラリーがなんと、アディダスのスポーツショップに変わっていた。一方で、地下の中庭広場では学生のボランティアフェスタが催され、階段が客席に利用されて、設計意図どおりに使われていたのが嬉しかった。(Shio)

|

« 晩秋の多摩川を馬で行く | トップページ | 建築展のお知らせ »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬も歩けば都の西北:

« 晩秋の多摩川を馬で行く | トップページ | 建築展のお知らせ »