« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

足場を外した「新町の家」

NPO法人・とことこの家が運営する、グループホーム「新町の家」は3月完成に向けて工事中ですが、先日、足場が取れて、姿が見えるようになりました。ただし、まだ途中の部分も多いので、一部分だけご紹介。

Photo
外壁は明るいアイボリーのサイディング。軒裏は薄いグリーンに塗りました。ちょうど春先のようなお天気だったので、青空に映えてさわやかです。

Photo_2
内部は、壁や天井のボード張りの最中です。右半分は、まだ天井下地。2階の階段ホールです。

Photo_3
杉の腰板と、杉の格子のスクリーン。洗面コーナーの仕切りですが、存在感があります。

Photo_4
リビング・ダイニングの8寸角の柱と、十字形に現れた梁。床も養生されているので、まだ全貌が見えませんが、いずれも埼玉県産の杉なので、竣工が楽しみです。(Nak)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

赤塚の家の地鎮祭

Sdscn0826

先週、赤塚の家の地鎮祭が行われました。晴天でしたが、冷たく、強い風が吹いていたため、施工担当の綜合建設(㈱)さんがテントを張ってくれました。

Sdscn0833

我々設計事務所の刈初めの儀に続いて、施主のご夫妻が穿初め(うがちぞめ)の儀で鍬入れを行い、施工者が鋤で土均し(砂ですが)をしました。

Sdscn0844

神社は赤塚諏訪神社。1460年頃、信州諏訪大社を勧請した神社で、旧正月(2月13日)に奉納される「田遊び」は国の重要無形民俗文化財に指定されているそうです。

Sdscn8745

下赤塚駅への帰り道で出会った鉄のフクロウです。建築金物の製作所らしく、入口には「鐵癒」の文字が入った鉄人形や、鉄製の蔦が絡んだ門柱が立っていました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

新しい出会い・馬の会

11日の日曜日、埼玉県児玉郡神川町にある「かんな馬の会」を訪問しました。群馬県との県境にあり、八高線の丹荘駅から車で30分ほどのところです。活動拠点の「阿久原の牧」に着くと、会の方たちと馬が迎えてくれました。

Photo
この会では、林業や農業の中で馬(和種馬)とともに暮らす中で、永続可能な循環型地域社会を目指して、様々な活動をしています。

Photo_2
北海道和種のミノ(手前)と木曽馬のミフウ(奥)に乗せてもらって「お散歩」スタートです。

Photo_3
けっこう勾配のきつい林道を、さすがに馬たちはスタスタと進んでいきますが、後を追うこちらは息が切れました。それでも、良い天気で気分は爽やかです。

Photo_4
30分ほどで「くるみ小屋」に到着しました。この小屋は、埼玉県森林サポーターの方々が活動拠点として自力で建設したものです。傍には五右衛門風呂の「くるみの湯」もあります。

Photo_5

会のみなさんと薪ストーブにあたりながら、お昼ごはんを食べ、いろいろなお話をうかがいました。宿泊もできるそうで、(寝袋持参、300円)今度は是非、と思いました。
今回は、私の通っていた乗馬クラブが閉じられることになり、所属の馬2頭が来月から移る予定のこちらの会に、クラブの有志で訪問した、という次第。
馬を通して、あたらしいつながりができていくことが楽しみです。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

大工さんの活躍

完成までもう少し、の「茶室のある家」では、大工さんの仕事ぶりに感心することが大。施工は宮嶋工務店です。

Photo
茶室の廻縁の入隅部分。面皮付柱の丸みに合わせて、きれいに取り付けています。45度に組み合わせている裏側も(見えませんが)良く考えられているのです。

Photo_2
引き戸が錯綜するところの木枠です。材料は「タモ」。クリア塗装をして、木目がきれいに浮かび上がっています。現場で加工しながら取り付けてくれました。

Photo_3
巧左官(鈴木さん)が塗った石灰プラスターの壁の表情と、タモ材の色合いがよく似合う、2階の洋室です。ここもちょっと複雑な建具の枠です。

Photo_4
ダイニングルームの食器棚本体も出来上がりました。建具はこれからです。カウンターの向こうはキッチンです。

2
上の食器棚を製作中の様子。大工さんが現場で作っているので、隅々が建築本体にきっちり納まり、気持ちの良い出来上がりです。(Nak)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

寺田ヒロオであけおめ

謹賀新年。本年もよろしくお願いします。

S1

これは少年サンデーに連載されていた「スポーツマン金太郎」ですが、小学校1年生の時に月刊誌「野球少年」で「背番号0」を読んだのが最初でした。藤子不二雄、赤塚不二夫や石森章太郎で有名なトキワ荘の兄貴分「テラさん」です。

S

NHK銀河テレビ小説[まんが道 青春編」では河島英五が、市川準監督の映画「トキワ荘の青春」では本木雅弘が演じたところの寺田ヒロオは新潟の電電公社に勤めていた時は社会人野球の選手でした。

S1jpg

それで、当時も貝塚ひろし「くりくり投手」など野球漫画はいろいろありましたが、子供心にも、投げたり、打ったりのフォームが正確で、魔球などは出てきませんが、野球の面白さが一番伝わってきました。

S_2

それは「もうれつ先生」、「暗闇五段」の柔道、「スポーツマン金太郎」が野球のシーズンオフに活躍する相撲のシーンなどもデッサンがしっかりしていて美しく、一生懸命ノートに写したものでした。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »