« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

小平の家2 再訪

S3

19年前にアトリエ海が設計・監理で竣工した「小平の家2」に、お子様の成長に合わせた改修の打合せで、先週、お伺いしました。

Scimg50321

日当たりの良い2階に居間・食堂を配置しています。来客との応接を考慮して中2階に設けた玄関は、そのためか変化に富んだ空間になりました。天井は緩い曲面を描いています。

Sdscn1442

アプローチの階段を覆うため、方杖を使って軒の出を深くしていますが、台所の採光が不安だったので、トップライト(?)を設けました。

Sdscn14261

あの頃、建て替えが増えていた周囲の敷地状況を考慮して、光りの取り入れ方を工夫しました。広いベランダに穴を開けたり、このトイレのトップライトなど。とても明るいトイレです。(Shio)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

茶室の天井、工事中

お茶室の天井が出来上がりつつあります。4畳の「小間」で、小さな空間ですが、3種類の天井で構成されています。大工さんの腕の見せ所、でしょうか。

3
手前右側が屋根裏の姿を思わせる「掛込天井」、左が杉の薄板で編んだ「網代天井」、奥は、白竹の棹の上に黒糸で編んだ蒲を置いた「落天井」です。

Photo
「掛込天井」は、杉丸太の垂木、女竹の間垂木、木舞、杉野根板、で構成しています。

2
「待合」も屋根や腰掛部分が出来上がりつつありますが、壁はまだラス下地板の段階で、これから左官屋さんの工事に入ります。(Nak)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

和光小学校・幼稚園見学会

Sdscn10821

先週の土曜日、東京建築士会主催の環境建築見学会で、世田谷区にある「和光小学校・幼稚園」に行ってきました。設計・監理は中村勉総合計画事務所。2006年のプロポーザルコンペで最優秀賞に選ばれ、竣工は2010年とのこと。

Sdscn11021

グランドを体育館と校舎が囲んでいますが、この中庭に面する回遊式の廊下は、実は半屋外になっています。今は冬なので、ポリカーボネートの木製雨戸が閉められていますが、春が来れば、この吊り戸は開け放たれて、外廊下になるというわけです。

Sdscn11201

それで1階には下駄箱が、2階には手摺りがあるのです。基礎梁の地中ピットを利用して、ここに外気を取り入れ、空調機で温めたり冷やして各階の教室の二重床に送っています。ピット内は地中熱のおかげで外気とは5℃前後違いがあるそうです。

Sdscn11441

それだけ空調機の必要エネルギーが減るわけです。屋上の一部は緑化されており、外廊下の深い庇は夏の日差しを遮ります。室内には、木製サッシやルーバー、フローリング、腰板などなど、木材が多用されておりました。とても勉強になりました。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

斑鳩の甍

Sdscn0785

ふたりの花魁(おいらん)に振られてしまった関取が、唐突に豆腐屋に転職したことで有名な(?)奈良の竜田川に所要があって、先月行ってきました。

Sdscn0760

時間があったので、1時間ほど山裾の町を散策しましたが、どの家も瓦屋根が立派なのに感心しました。茅葺きの大和棟は見つけられませんでしたが、

Sdscn0774

白漆喰の破風が幾つも付けられた「八つ棟造り」の屋根は健在で、複雑な構成は見れば見るほど、面白かった。

Sdscn0778

その軒先にあったのが、軒樋の雨を縦樋に導く飾り舛の「大和アンコウ」。丹念に銅を打ち出して作られていますが、家紋や文様が入って装飾としても効いています。

Sdscn5580

その中に透かしが施されたものがありました。道路から見上げると、空の光が抜けるのでとても効果的です。八王子セミナーハウスの目玉と同(おんな)じ。(Shio)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »