« カテゴリーに「平和について」を加えました | トップページ | 豊多摩監獄100年 »

2015年5月21日 (木)

茶室完成

「茶室のある家」、2つの茶室がほぼ完成しました。外回りはまだこれからです。
施工は府中の宮嶋工務店。主な材料は京都の松文商店です。
Photo_2
4畳の「小間」は、変化のある天井(三種類)が特徴で、こちらは客座のほうですが、亭主の座る「点前座」の上も一段低い天井があります。突き当りは躙り口です。

Photo_3
8畳の「広間」は京間の寸法を使っているので実際には10畳近い広さです。床の間周りも白木が中心で、施主好みの、あっさりした雰囲気です。

Mizuya
小間と広間の間には「水屋」があります。形式にとらわれず、ステンレスの流し台と、容量の大きな戸棚がポイントです。右の棚は、普段は最上段の様に壁面に収まっており、使うときに中央2段の様に開きます。ベテラン大工さんの技が光っています。(Nak)

|

« カテゴリーに「平和について」を加えました | トップページ | 豊多摩監獄100年 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶室完成:

« カテゴリーに「平和について」を加えました | トップページ | 豊多摩監獄100年 »