« セシウムと少女と阿佐ヶ谷の書庫 | トップページ | 地盤のボーリング調査 »

2015年7月16日 (木)

謎の花火大会

梅雨の晴れ間で、暑かった日曜日。ここは府中にある東京競馬場ですが、夕方になって、人がどんどん集まってきました。

Stand1_2
しかしよく見ると、いつもの競馬ファンとはちょっと違って、シートの上にテーブルやクーラーボックスを置き、ビールなど飲み始めているグループや、浴衣姿の家族連れなどがたくさんいます。やがて日も暮れて7時半になると・・。

Hanabi1
始まったのは花火大会でした。この花火大会、イベント雑誌などに紹介されることはなく、地元、府中市のホームページや広報で、直前にひっそりと告知されるだけ。そのため「謎めいた花火大会」と言われているそうです。

Hanabi2
しかし、その割には、3500発の花火を30分間で上げるという華やかさで、音楽と一緒になった演出もなかなかです。10万人ほどの来場者とのこと。入場無料です。

Hanabi3
広い場所を生かし、横に広がった打ち上げで、フィナーレも盛り上がりました。来年は、ちゃんと準備をして来よう、と思いました。(Nak)






|

« セシウムと少女と阿佐ヶ谷の書庫 | トップページ | 地盤のボーリング調査 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎の花火大会:

« セシウムと少女と阿佐ヶ谷の書庫 | トップページ | 地盤のボーリング調査 »