« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

「入曽の家」計画中

今年の春、計画がスタートした「入曽の家」は、実施設計がまとまり、これから工事の準備に入ります。狭山市入曽に建つ予定の約35坪の木造2階建て、長期優良住宅です。

S1
建て主ご夫妻は「木の家だいすきの会」の会員さんで、のんびりした環境で、木に親しみながら、高齢のお母様とゆっくり暮らしたいと考えていらっしゃいます。

Simgp1160_2
南の庭に面する開放的なダイニング・リビングが中心です。構造材は埼玉の木を使い、床は杉の厚板、壁は漆喰で仕上げる予定です。キッチンなどもご夫婦で何度もショールームに足を運び、納得のいくものを選ばれました。

Photo
敷地にも何度か下調べに通っていますが、その近所で、不思議な生け垣に出会いました。てっぺんが山型に刈り込まれており、何か書いた札が差してあります。

Photo_2
「富士山」・・だそうです。手前には「御嶽山」もありました。なかなか楽しそうなところです。(Nak)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

都立八柱霊園無縁塚

  「一族の忌日同日原爆忌」

先週8月15日の東京新聞「平和の俳句」に再掲されていた沖田豊史さんの十七音です。

Sdscn8963

東京都立八柱霊園は、昭和10年に開園した公園墓地で千葉県松戸市にあります。その一角に9年前、無縁塚の設計に参加しました。地上1階地下1階、統括は都市計画研究所。

Sdscn8951

敷地調査で最初に現地を訪れたのも夏の暑い盛りの一日でした。蚊に刺されながら、周囲を計測や撮影しているうちに、道路を隔てたお向かいのお墓に目が行きました。

Sdscn8939_2

墓碑の文字を追っていくと、「・・行年34才、無し、5才、3才、1才、33才、無し、3才、2才、31才、無し、5才、3才、1才」。驚いて日付を見ると「昭和20年3月9日」東京大空襲でした。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

2015年の夏

S1dscn36841

8月12日、甲子園で栃木の作新学院が勝った。春夏連覇を成し遂げたのが53年前で、僕は足利の祖父母の家で応援した。ここは雷銀座の真っただ中で、向かいの家のアンテナに落ちた時は、火柱のようだった。

S1dscn36851

雲ひとつない青空の下、近所の悪がき達と遊んでいても、心の隅のほうでいつも入道雲が現れやしまいかと心配していた。ドジョウ捕りや紙芝居に今1つ集中できなかったのを思い出す。

S1dscn36881

この8月11日に鹿児島県の川内原発1号機が再稼働して、1年11ヶ月続いた「原発ゼロ」が途切れた。一ヶ月前の7月15日には衆議院の特別委員会で安保関連法案が強行採決されてしまった。入道雲が見える。雷鳴が聞こえるようで落ち着かない。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

北の国で馬に乗る

少し前の週末に、思い切って、北海道・十勝へ出かけました。前日は十勝地方も34℃、と東京に負けない猛暑だったようですが、この日は霧雨&曇り、で24℃ほど。涼しい!

Photo
いつもおじゃまするNorthpole stableで乗馬をしました。町営スキー場を馬で降りているところです。右のほうに見えるのはリフト。この一基しかない、かわいいスキー場ですが、小中学校の目の前で、すぐ滑りに行けて、なかなか良いそうです。

Photo_2
目の前に広がる、北海道らしい景色。カラマツの防風林、畑の緑と黄色がパッチワークの様です。晴れれば遠くに日高山脈が見えるのですが。車もめったに通らないので、車道をのんびり歩いています。

Photo_3
帰ってきて、馬たちは水浴びです。ちょっと湿度が高かったので、だいぶ汗をかいていました。後ろのカラマツ林は、秋になると黄金色になり見事です。

Photo_4
「ご飯まだ?」と、やって来た、今日の相棒「ガロ」君。ここでは、後ろに見えるように、犬も鶏も、みんな放し飼いです。馬たちは仕事が済めば、一応、柵内に入れますが。
全国的に猛暑だったこの日、北海道方面だけが雨でしたが、涼しくて幸せでした。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »