« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

入曽の家の地鎮祭

秋晴れの大安吉日、「入曽の家」の地鎮祭を執り行いました。2月から設計を進め、許可申請、確認申請手続きを経て、無事のこの日を迎えました。所属するNPO木の家だいすきの会の会員さんのご自宅です。

Work_2
式のために祭壇を準備しています。神主さん自ら長靴姿!で手際良く穴を掘り、青竹を四方に立てているところ。助手は工事担当の(株)比留間建工・比留間さんです。

Photo
あっという間に祭壇が完成しました。地鎮祭が始まります。

Photo_2
祝詞奏上の後、神主さんが「四方祓い」を行っているところです。切麻(きりぬさ)という小さな紙片を四隅に撒いていきます。

2_2
続いて参加者が順番に玉串を捧げます。建て主さんご夫妻は、このような地鎮祭は初めてとのことでした。この後、乾杯をし、工事の無事を神様にお願いしました。

S1
こんなお宅が来春には完成の予定。埼玉県の木を使った長期優良住宅です。ゆったりとした、自然素材を生かした住まいができるように願っています。(Nak)









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

自転車は左側通行

自宅から事務所へは自転車で通っています。12,3分でしょうか。

Sdscn47411

中学生の時、祖父母の住む栃木県の足利へ自転車で行きました。途中、ダンプの行き交う県道を左側通行していたのですが、右折しようとして思いとどまり、左側に戻った時にオートバイに追突されました。

Sdscn4742

幸い、柔らかな畑に飛ばされたので、双方、擦りむき程度で済みました。吉祥寺に事務所があった時には、うっかり右側を走っていて、元気な女性に「自転車は左!」と怒鳴られたこともあります。「すいませーん。」と返しました。恥ずかしかった。

Sdscn4842

自転車は車道を走るのが原則で、左側通行が義務付けられていますが、時々正面から来る人がいて、まして後ろに子供を乗せていたりするのを見るとギョッとします。それで、最近路上に写真のようなピクトグラムが増えているのでしょうか。

Sdscn4843

あと、ヒヤッとするのが曲がり角で、右側通行をしてきた自転車とぶつかりそうになることも多いです。歩道など、止む無く右側を走る場合は、曲がり角では一時停止。ということをこの標識を見るまで気が付きませんでした。反省。(Shio)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

ウィスキー工場へ

秋晴れの休日、故郷の宮城で開かれた同期会の帰りに、会場近くのニッカウィスキー蒸溜所を見学しました。創業者夫妻を主人公にした朝ドラの人気で、訪問者も多いようです。
Photo
敷地は本来の起伏を活かし、樹木を極力伐採せずに、レンガ仕上の建物を点在させています。電線も地下に埋設しているとのこと。林の向うに見えるのは貯蔵庫群です。

2
この印象的な形の建物は、発芽した大麦を、ピートや無煙炭を焚いて乾燥させる「キルン塔」。ここでウィスキーのスモーキーな香りが生まれるそうです。

Photo_2
蒸溜棟に並んでいた蒸溜器(ポットスティル)には、神棚の様な紙垂飾りが。意外な感じもしましたが、美味しいウィスキーができますように・・という祈りがこもっています。

Photo_3
貯蔵庫には樽がたくさん並んでいます。樽の材料はホワイトオークで、ほとんど輸入品とのこと。適度な低温と湿潤な気候が、美味しいウィスキーのできるポイントで、近くを流れる川の水の味も理想的だった様です。因みに、この川の名前は「新川(にっかわ)」と言いますが、「ニッカ」と音が同じなのは偶然だそうです。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

宮沢賢治の4冊?

Sdscn4698

先月、家族で雑司ヶ谷の鬼子母神に行った折、「旅猫雑貨店」という雑貨と古書のお店に入りました。そこで見つけたのがこの「銀河鉄道の夜」。「フーテン」「黄色い涙-若者たち」「柔道一直線」の永島慎二の漫画です。オールカラー、永島さん59歳の時の作品です。

Sdscn4699

畑中純の「宮沢賢治、銀河へ」は19年前に購入。漫画「まんだら屋の良太」が有名ですが、これは自刻自刷の版画を絵本にしたもので、奥付を見ると、「若者たち」と同じ1996年発行でした。そういえば「若者たち」も「まんだら屋の良太」もNHKの銀河テレビ小説の原作になっていましたっけ。主演はそれぞれ、森本レオと杉本哲太。

Sdscn4705

3冊目は「イーハトヴ、イーハトーボ 賢治の居た場所」。ひらいたかこ、磯田和一のイラスト紀行です。磯田さんの建物や街のイラストのファンでしたが、ブログを書くので調べたら、漫画家になるべく15歳の時に20才の永島さんに3ヶ月ほど弟子入りしていたことが判明。

Sdscn4704

自分の好みのルーツが分かったのでした。そして最後がこのキンドルペーパーホワイト。この中には宮沢賢治の童話が4話入っています。「グスコーブドリの伝記」は45年ぐらい前にラジオドラマで聞いたのが最初ですが、それから何度、読み直したことか。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

秋祭り2015

秋祭りが続きます。事務所で仕事をしていたら、太鼓の音と子供たちの声が聞こえてきました。
Photo
「北野神社・秋の例大祭」で、地元の町内会のこどもたちが曳く、太鼓の山車です。付添いの大人たちの方が楽しそうなのは、いつもの事です。

Photo_2
こちらは「子供神輿」です。おそろいの法被がみんな似合って、カッコいい。

Photo_3
別の町内の公園では、大木の下に張られたテントから、色々と、美味しそうな香りが漂って来ていました。

Photo_4
夜になると、大人たちの「万灯神輿」が登場。幻想的な雰囲気があります。こうして今年も、秋は深まっていきます。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »