« 入曽の家 新春打合せ | トップページ | 絶景の下でスキー »

2016年1月21日 (木)

上高田のたきびの垣根

Sdscn5658

中野区上高田テニスコートには自転車で行きますが、その途中に長い長い建仁寺垣で囲まれた、けやきの大木がそびえ立つお屋敷があって、武蔵野の面影を今に残しています。

Ssdscn5665

ここが「かきねのかきねのまがりかど・・」と始まる、」童謡「たきび」のうた発祥の地です。作詞者巽聖歌(本名 野村七蔵)が戦前、この近くに住んでいて、朝夕散歩をしていたのだそうです。

Sdscn5663

ウィキペディアによれば、最初にNHKのラジオ番組「幼児の時間」で流されたのが、真珠湾攻撃の翌日、1941年(昭和16年)12月9日と10日。11日にも放送する予定が軍当局から止められたらしい。

Sdscn5671_2

その理由が、「たき火は敵機の攻撃目標になる」「落ち葉は貴重な資源、もったいない」ということだったとか。だから、軍隊とか戦争は嫌いだ。(Shio)



|

« 入曽の家 新春打合せ | トップページ | 絶景の下でスキー »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上高田のたきびの垣根:

« 入曽の家 新春打合せ | トップページ | 絶景の下でスキー »