« 穴八幡の冬至祭 | トップページ | 小さな旅 »

2016年1月 1日 (金)

賀正 「みなでつくる方法」展

S0011

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
地下鉄千代田線「湯島」駅1番出口から徒歩3~5分、旧岩崎邸庭園があります。ジョサイア・コンドル設計、岩崎家本邸の建築と庭園です。入園料、一般400円。

Sdscn55151_2

その奥に国立近現代建築資料館があります。ここで昨年の12月3日から、「みなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築」展が開催されています。アトリエ海の塩脇 が学校を出てから6年間、悪戦苦闘(?)した汗と涙の修行の場です。

Sdscn54851

昨年と一昨年の正月は、スキャナーで読み込むために膨大な図面のほこりを払ったり、図面に記されたサインの解読で過ごしました。2階ロビーに置かれた漫画のふきだし状のテーブルは、旧日仏会館のためにデザインされ作られたものです。会場には原寸(縮尺1分の1)を始め、多くの原図が展示されています。

Sdscn54961

その真ん中には、油土で作られた八王子「大学セミナーハウス」の1/50敷地全体模型が置かれています。2004年の吉阪隆正展のために、多くの大学の学生他百名以上の手で作られたものです。なお、入口が異なりますが(平日のみ)、資料館のみであれば、入館料無料です。3月13日まで、是非。(Shio)

|

« 穴八幡の冬至祭 | トップページ | 小さな旅 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賀正 「みなでつくる方法」展:

« 穴八幡の冬至祭 | トップページ | 小さな旅 »