« 春の入曽・散歩 | トップページ | 「サーカスはリヤカーに乗って」オキナワへ »

2016年3月17日 (木)

2016年3月の沖縄の家

東日本大震災、その地震による福島第一原子力発電所の過酷事故から5年目の3月11日を僕は、沖縄で迎えました。

Sdscn6291

鉄筋コンクリート2階建てのこの住宅は、市域の1/4を米軍の普天間基地が占める宜野湾市にあります。外観はこのブログの「沖縄の家の四半世紀」と、「沖縄の家、化粧直し完成!」で紹介しています。是非クリックしてください。

Sdscn6290

吹き抜けの煙突効果を狙って、家の真ん中にある階段室には引違い窓、すべり出し窓等、たくさんの木製の開口部を設けて、視覚的にも風の通り抜けを意識しました。

Sdscn63401

1階の広いLDKは、32年の開けっぴろげの生活が創りだした、沖縄独特の解放感があります。東京でちぢこまった毛穴がゆっくり開いていくような。

Sdscn6321

駐車場兼アプローチ兼愛犬の小屋には、手作りの木製パーゴラが架けられていました。寅さんの25作目「ハイビスカスの花」にも見られるように、沖縄では日影が実に貴重です。

Sdscn6135

高校の教員で、日本史を担当していた施主(大学時代の友人)に琉球、沖縄の歴史と現状を教わりながら、米軍の新基地建設に反対する名護市・辺野古のキャンプ・シュワブゲート前テント、および、ヤンバル東村・高江のヘリパッド建設反対N1テントに行きました。

Sdscn6224

ここで、「沢入国際サーカス学校 旅がらす公演パート3 足尾からオキナワへ”サーカスはリヤカーに乗って”」に合流したのですが、続きは次回。(Shio)








|

« 春の入曽・散歩 | トップページ | 「サーカスはリヤカーに乗って」オキナワへ »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年3月の沖縄の家:

« 春の入曽・散歩 | トップページ | 「サーカスはリヤカーに乗って」オキナワへ »