« 斜め張りの見学会 | トップページ | 石神井の家の配筋検査 »

2016年6月30日 (木)

さて、選挙に行く前に。

選挙が近づいてきました。自民党とその仲間たちが2/3の議席を獲得すれば、間違いなく憲法を変えようとするでしょう。それが結党以来の彼らの悲願だそうですから。

Sdscn5589

それで、「自民党改憲草案」(以下「自民党案」)です。9条の二に内閣総理大臣を最高指揮官とする「国防軍」の規定が新設されることは知っていましたが、今回「えっ、えー!」と驚愕したベスト5。(写真は本文と関係ありません。箸休めです。)

Sdscn7171

NO1.(現行憲法99条)天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
→(自民党案102条)全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。 

NO2.(現行憲法97条)この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
→(自民党案)削除

Sdscn8085

NO3.(現行憲法)無し
→(自民党案98条)内閣総理大臣は、(略)・・閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。 2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。(以下省略)
→(自民党案99条)緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定できるほか、(以下略) 3.緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、・・(略)・・措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。(以下略)

Sdscn6213

NO3.(現行憲法13条)すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
→(自民党案13条)全て国民は、として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。

Sdscn6264

NO3.(現行憲法21条)集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
→(自民党案21条)集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。2 前項の規定にかかわらず公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社することは、認められない。

下線や太文字は僕が驚いた部分です。さてさて、他にも「象徴」が「元首」になったり、「2/3以上」が「過半数」になったり、後になって「知らなかった。」では済まないことが色々ありそうです。選挙に行く前に、ネットや書籍で再度、検索!(Shio)

|

« 斜め張りの見学会 | トップページ | 石神井の家の配筋検査 »

平和について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、選挙に行く前に。:

« 斜め張りの見学会 | トップページ | 石神井の家の配筋検査 »