« 青梅の看板建築? | トップページ | さて、選挙に行く前に。 »

2016年6月23日 (木)

斜め張りの見学会

所沢で建築中の住宅の構造見学会に行きました。こちらは、参加しているNPO「木の家だいすきの会」のメンバーであるアトリエヌックの設計、当麻工務店の施工です。
一昨年から「木の家だいすきの会」で研究・開発してしているグリーンエア工法で、床や屋根に杉の無垢材を斜めに張ることで、合板を使わずに強度を保つ方法を実際に行っているので、その様子を見学させてもらいました。2
外壁はラス下地を張り終えたところでした。総二階、60坪ほどのお宅で堂々としています。スイスの大きな山小屋を思い浮かべました。

2_2
木材はすべて手刻み加工とのこと。小屋組みと屋根の斜め張りの野地板のバランスの良さに皆さん感心していました。見学者は工法開発の研究会に参加したメンバーなので、実験の結果が実際の現場にどう応用されるのか興味深く、活発な意見交換がありました。

Photo
床は幅10.5㎝、厚さ3㎝の杉の板を、隙間を空けて張っています。一般流通材を使い、上から釘打ちしているところがポイント。この上に仕上げのフローリング等を張っていきます。

2_3

こちらの現場は外壁に構造用面材は使わないので、間柱の外はすぐにシートとラス下が張ってあります。光が透過する様子が障子のようで、美しい。色々と勉強になった見学会でした。(Nak)




|

« 青梅の看板建築? | トップページ | さて、選挙に行く前に。 »

住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斜め張りの見学会:

« 青梅の看板建築? | トップページ | さて、選挙に行く前に。 »