« 秋祭り2016 | トップページ | 宮島への旅 »

2016年9月29日 (木)

「ゴジラ」の4冊

ゴジラの全く新しい映画「シン・ゴジラ」が、この夏公開された。これから観る人もいるかもしれないので、今回は「ゴジラ」の話です。

Sdscn0614

1954年(昭和29年)11月3日に公開された「ゴジラ」の原作は、推理作家の香山滋が映画のために書き起こした「G作品検討用台本」で、この本「怪獣 ゴジラ」は54年の7月から9月に放送されたラジオの台本が元になって作られ、同年10月25日に刊行されたものの復刊です。

Sdscn0700

そして、この漫画「ゴジラ」所収の絵物語「ゴジラ」も、公開前の9,10月号の雑誌「おもしろブック」に掲載されたそうで、映画の宣伝、予告編を兼ねていたのでしょうが、ネタバレどころではありませんね。挿画の阿部和助は映画のゴジラのキャラクター原案を描いた人です。(この本には、あの杉浦茂の「大あばれゴジラ」なども入っています。)

Sdscn0612

人類の味方になって、いつの間にか姿を消してしまった昭和ゴジラに変わって、約10年ぶりに現れた「ゴジラ」は、原水爆の実験の影響で誕生した初代の後継者として、核物質を求めて、原子力潜水艦や原子力発電所を襲う、凶悪怪獣と化していました。公開は昭和59年ですが、後にシリーズとして続いたため、平成ゴジラと呼ばれています。(本は「平成ゴジラ大全」)

Sdscn0610

このシリーズにも漫画家が関わっていたことを、この「ゴジラ狂時代」で知りました。特撮スタッフたちの汗と涙の半生が漫画で描かれていますが、作者の西川伸司さんは、バラと人間とゴジラの遺伝子操作で生まれた怪獣ビオランテなどのキャラクターデザインを手がけた方でした。
そして、第3世代の「シン・ゴジラ」。果たしてシリーズとなるのでしょうか?(Shio)

|

« 秋祭り2016 | トップページ | 宮島への旅 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/64270181

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴジラ」の4冊:

« 秋祭り2016 | トップページ | 宮島への旅 »