« この夏の大学セミナーハウス | トップページ | 石神井の家・構造見学会 »

2016年9月 1日 (木)

夏休みの小さな旅

この夏休みは遠出をせず、都内で楽しみました。その一つが、日本橋川クルージングです。日本橋の袂から出発し、東京湾に出て戻ってくる約一時間のコースでした。

Photo

橋の袂の船着き場から船に乗り込みます。日本橋の中央に立つ、翼のある麒麟の像が飾られている青銅の照明塔が格好良いのですが、高速道に挟まれて気の毒。

2
それなりにダイナミックで面白い高速道路の下、日本橋川を進んでいきます。船に屋根はなく、陽射しが強い時のために、麦わら帽子が備えてありました。この日は、雨が降りそうな天気で、そちらが心配でした。

3
いくつか橋をくぐり、佃のリバーシティ高層ビル群が見えてきました。雨雲のような空模様を背景に、近づくと結構な迫力です。

2_2
勝鬨橋の下を通ります。1940年に完成し、中央からはね上がる可動橋として有名ですが、1970年を最後に開閉は停止しています。また動かしたいという運動もあるそうです。

Photo_2
ジッパーの様に見えるのが勝鬨橋の中央部分で、ここから開いて、両側がはね上がるわけです。鉄骨のディテールもきれいです。船から、上を行き交う車の底が見えました。

Photo_3
日本橋川に戻ってきて、豊海橋をくぐります。梯子を横にしたような形で「フィーレンディール橋」という構造だそうです。こちらも鉄骨のディテールが良くできていました。
何となく見慣れているような気がするまちの景色も、こうして水面から見るとまったく違ったものになり、船の速度も心地よく、小さいながらも「旅気分」いっぱいの一時間でした。(Nak)















|

« この夏の大学セミナーハウス | トップページ | 石神井の家・構造見学会 »

風の便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの小さな旅:

« この夏の大学セミナーハウス | トップページ | 石神井の家・構造見学会 »