« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月22日 (火)

「石神井の家」完成見学会

6月から工事を進めていた「石神井の家」が竣工しました。
今週11月26日(土)10時半~15時、完成見学会を開きます。所属するNPO法人「木の家だいすきの会」主催。施主も同会の会員さんです。

40年程前に購入された住まいは家族6人でも十分な広さで、周辺環境も良く、とても気に入られていましたが、家族もご夫妻2人となり、建物の耐震性への不安もあり、同じ場所での建て替えを決心されました。施工は「笹森工務店」です。

今回は、風致地区内の建築制限や、周囲の擁壁への配慮等もあり、ご夫妻の新しい暮らしに合ったコンパクトな住まいづくりとなりましたが、埼玉県ときがわの木材を使い、自然素材を生かして温熱環境も整えた「長期優良住宅」です。

Photo_7

八畳ほどの居間も、引き戸を開けると広がりの感じられる空間になります。床はカラマツの無垢フローリング、壁は土佐和紙貼りです。

Photo_8
障子のこちら側は、居間に続くポケット的なコーナーです。奥様専用の、ちょっと落ち着ける空間です。

Photo_10
玄関の「式台」と、下駄箱の「天板」は、耳付きのモミジの板です。これは、狭山丘陵の個人宅の庭で今年の春、伐られたもの。飯能のグリーンスマイル・細田さんが加工してくれました。夏に、施主ご夫妻、工務店の笹森さんたちと加工場を訪問したのも、楽しい時間でした。

Photo_11

天井の高い2階の階段ホールは、明るい雰囲気になりました。和室入口に杉の大黒柱が立っています。

Photo_12大黒柱の杉は、昨年の12月に、施主ご夫妻と埼玉県ときがわ町の協同組合「彩の森とき川」を訪問し、山に入って木を選んで頂きました。「彩の森とき川」からのプレゼントです。
構造材の杉、桧も、とき川の木材で、時間を取って中温乾燥したものです。

見学会に是非お出かけください。申し込み等はこちらです。(Nak)














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

セミナーハウス食堂棟竣工

Sdscn14121

先週末、八王子の大学セミナーハウスで、「開館50周年記念会-記念の集い・食堂棟落成記念祝賀会」がありました。

Sdscn13421

この食堂棟は、1965年に逆台形の本館、宿泊ユニット、中央セミナー、サービスセンターの第一期から増殖を重ねて50年目の昨年度、鍬入れ式を行ない、8月に上棟、この日の竣工を迎えました。

Sdscn13801

多摩産材の杉を使った木造平屋の室内には2間グリッドに柱が立ち並び、適度に空間にリズムが生まれています。設計監理はU研究室OBの七月工房と一級建築士事務所サイトで、構造設計は山辺構造設計事務所、設備設計は長谷川設備計画、施工は木造ドミノの相羽建設。

Sdscn13831

丘の上に軽々と突き出たテラスは地面から6mぐらいの高さにあって、気持ちの良い浮遊感がありました。セミナーハウスでは建築ツアーなどのワークショップも開催されているので機会があれば、是非、お立ち寄りください。(Shio)
セミナーハウスのホ-ムページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

A7(エイナナ)

石神井の家の現場監督はiPadを駆使するデジタル派。その彼が「それ、いいですね。」と声を掛けてくれました。以下、極めてアナログ、ローテクの話です。

Simgp1669

増える一方の使用済みA4コピー用紙を3回ほど、半分に切っていくとA7のメモ用紙になります。これをダブルクリップに留めて、持ち歩くようになって15年ぐらいになります。Yシャツの胸ポケットに丁度入る大きさで、Tシャツもポケット付きを捜したりしてます。

Simgp1674

用途は「To Doリスト」や現場でのメモ、本の抜書き等ですが、ノートにまとめた後、破って捨てます。メモを整理する時間が無いときはそのまま、ノートに張り付けるか、8枚並べてA4にコピーしてファイル。

Simgp1673

その時間も無い時や、該当するノートが無い場合は机の上に散らばっていましたが、無印商品でポリプロピレンのケースを見つけ、「仕事」と「その他」に分けて、放り込むようになりました。

Simgp1679

最近の発見は、背表紙のないファイルの表紙に一辺だけテープで貼り付けて、見出しにする方法。バッグに入れる時は、折り返して邪魔にならないようにします。他には、さらに6等分して、本のポストイット代わりにしたり、・・・。
それでも、古紙回収に出しにくい個人情報のA4(エイヨン)は増えていくのでした。(Shio)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

恒例の芋煮会

晩秋、というには少々暑かった一日、30数年続く「芋煮会」を今年も行いました。場所もいつもと同じ、青梅の「釜の渕公園」の河原です。先日、4駅ほど先の町にクマが出た、との報道がありましたが、それ以外にこの近くでも、目撃されたそうです。

Photo
何しろ平日なので、私たちのグループ以外、誰もいません。今年は昨年に比べ、川の水量が多いようです。他の人に気兼ねすることもなく、好きなところに石で「かまど」を作ります。

Photo_2
メンバー10人の半分が山形、宮城に縁があるので、「芋煮」を作るのも手馴れています。里芋、こんにゃく、ゴボウ、ネギ、きのこ、牛肉入りの、しょうゆ味。

Photo_3
鍋が煮える横で、炭火でラム肉と野菜を焼きます。塩を少し付けるだけで食べます。毎年同じ食材ですが、今年も”やっぱり”美味しかった、というのが良いところです。

2
食後はドリップコーヒー。ウンチクを語りながらコーヒーを入れるT君の手元を見つめ、じっと待って飲んだコーヒーは、なかなかの香りと味でした。

Photo_4
大鍋もBBQ台も、一年に一度だけの登場ですが、30数回(BBQ台は20回位?)も使われれば本望でしょう。また来年、メンバーが欠けることなく「芋煮会」ができることを願って解散しました。(Nak)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »