« 「とらや」のふたつの階段 | トップページ | 楽しいイタリアのデザイン »

2017年1月26日 (木)

アール・ブリュットNAKANO

先週の1月17日から、中野駅周辺では「NAKANO 街中まるごと美術館!」と銘打って、「アール・ブリュット人の無限の創造力を探求する2017-」が始まりました。(2月15日まで)

Sdscn2519

中野駅北口正面の商店街、サンモールの空中ギャラリーでは絵画作品のバナー(横断幕)が展示され、

Sp12500731

その突き当り、中野ブロードウェイの階段ギャラリーには作品の写真がパネルに加工されて、作者の紹介と共に展示されています。

Sdscn2597

南口駅前商店街の看板ギャラリーでも作品のバナー(たれ幕)が道行く人の目を引いていました。

Sdscn2567

そして、中野サンプラザ(1月27日まで)、三井住友信託銀行中野支店、西武信金本店には、立体作品も含めて作品の実物が展示されています。六本木の国立美術館でも1月30日まで、「アール・ブリュット展」が同時開催(無料)。

Sp12500711

階段ギャラリーに展示されていた、戸舎清志(とやきよし)さんの作品。アイソメで緻密に描写された街の鳥瞰図なのですが、道路や庭に乗用車がぎっしり描かれています。なぜか愉快。(Shio)

|

« 「とらや」のふたつの階段 | トップページ | 楽しいイタリアのデザイン »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541022/64805146

この記事へのトラックバック一覧です: アール・ブリュットNAKANO:

« 「とらや」のふたつの階段 | トップページ | 楽しいイタリアのデザイン »